CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
緑・赤・白
こちらの画像はアイタケ。2008/08/16に撮影。
以下の物も含め、全て岐阜県荘川村内にて発生していた物。

緑色の地に、青緑色の絣模様が特徴的。
ちょっとピンボケなのが残念……

こちらは2007/08/14に撮影。


こちらは以前にもUPした事のある、模様が鮮明過ぎるタイプ。
2004/09/19に撮影。

此処まで鮮明なのはちょっと珍しいと思う。
こちらはその裏面。

柄とヒダの白色がキレイ(・∀・)♪

こちらは模様の不鮮明なタイプ。2005/09/09に撮影。

こう言う感じの個体が、この荘川村では少なくない様だ。

アイタケは美味なキノコとの事。
当方は以前一度食べた事があるのだが
その時は特に味の印象は無かった。
調理の仕方が悪く、本来の持ち味を引き出せなかったのかも知れない。
『阿武隈のきのこ』と言う本によると
天麩羅にするととても美味しいらしい。
次回、採り頃の個体に出逢ったら是非試してみたい物だ。


こちらはフタイロベニタケ。2004/09/18に撮影。

アイタケに似て、赤地に暗赤色の絣模様が特徴のキノコ。
とは言え、この画像ではちょっとそれが判り難い……

こちらの画像の方が多少絣模様が判りやすいかな。2008/08/19に撮影。


こちらは2006/09/09に撮影。
古くなって真ん中に穴が開いてしまっている。


こちらは2008/08/19、二つ上の画像の物のすぐ近くに発生していた個体。

アイタケもそうだが、この仲間は群生しないタイプらしい。
それがこの場所には隣り合って生えていた。
余程この場所はフタイロベニタケに向いた環境なのかも知れない。

こちらは2006/08/15に撮影。

上二つの画像もそうだが、
フタイロベニタケは中心部が緑色で周縁部が赤色の事が多い。
それが名前の由来なのかも知れない。

こちらは2005/09/11に撮影。

緑と赤の2色がはっきりしている。

こちらは2008/08/19に撮影。

2色の対比が更にくっきり。

こちらは緑色の部分がとても大きいタイプ。2005/09/09に撮影。


所で『原色日本新菌類図鑑』によると、
フタイロベニタケは、以前はアイタケの赤色変種とされていた由。
実際、アイタケも赤色を交える事があるらしい。
フタイロベニタケは「中心部が緑で周辺部が赤」なのに対して
アイタケは「中心部が赤で周辺部が緑」との事。
確かにそれでは混同されても仕方無いだろうなぁ。
顕微鏡的には多少差異があるので別種とされた、との事だ。

フタイロベニタケも食べられるそうだが
味についての記事は見付けられなかった。
何故か何時も出逢うフタイロベニタケは老菌なので
食べる機会が中々無いなぁ……


こちらはツギハギハツ。2005/09/09に撮影。

白地に白褐色の絣模様が特徴的。

それにしてもツギハギハツとは可哀相な名前だw

こちらは2005/09/09に撮影。

こちらは2006/09/08に撮影。

幼菌の段階から絣模様が顕著だ。

因みにツギハギハツは食毒不明。
試食体験記も見付けられなかった。


フタイロベニタケ、ツギハギハツ共に
アイタケに比べて発生は多くないらしいのだが
この荘川村での当方が見る範囲では
3種とも同じ位の比率で発生している様だ。

緑系絣模様がアイタケ。
赤系絣模様がフタイロベニタケ
白系絣模様がツギハギハツ。
他には茶色系絣模様でヤブレキチャハツ
紫系絣模様でアオムラサキハツと言うのがあるらしいが
残念ながら当方はまだ実見していない。
出来る事なら、それらを一同に会させてみたい物だ。
また、折角なら黄色系や他の色の絣模様のベニタケも見付けてみたい物だw



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| ベニタケ科 | 15:00 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
キノコ中毒のニュースを受けて
4日、キノコ中毒で男性死亡、とのニュースがあった。

--------------------------------------------------------
<毒キノコ>ハイキングで採取、男性死亡 2人入院 大阪
            (毎日新聞 - 2007年09月04日 19:41)

 大阪府は4日、同府高槻市の摂津峡で、ハイキング中に採取したキノコを食べた同府茨木市の男性(67)がキノコ中毒による多臓器不全で死亡したと発表した。男性と同じグループの京都市、奈良県香芝市の男性2人もキノコ中毒で入院し、重症。男性らは「食用のクロハツと思って食べた」と話しており、府はクロハツに似た猛毒の「ニセクロハツ」か「クロハツモドキ」を食べたとみて注意を呼びかけている。

 府食の安全推進課によると、男性らは山歩きグループのメンバー計12人で2日、日帰りでハイキングに行き、昼に採取したキノコを天ぷらにして食べた。しかし、間もなく数人が嘔吐(おうと)し、下痢の症状を訴えたため、キノコを捨てて帰宅した。

 死亡した男性は3日に茨木市の病院に入院。京都市の男性(63)は手足にしびれを感じ、香芝市の男性(75)は体がだるくなったため、それぞれ3日朝〜4日未明に入院した。2人とも意識はあるが、集中治療室で治療を受けている。【堀川剛護】
--------------------------------------------------------



クロハツと間違えてニセクロハツを食べて死亡、の事故は
2005年の8月にもあった。
その時にも、別の場所で日記を書いたのだが、
リンク先が切れてしまっていたり
アドレスが変わってしまっているので
以下に日記本文も含めて採録する。



---------------【2005/08/28の日記より】-----------------

毒キノコ「ニセクロハツ」食べ2人死亡…愛知

 愛知県豊橋市保健所に27日入った連絡によると、毒キノコ「ニセクロハツ」を誤って食べた市内の60歳代の男女2人が26日深夜から27日未明にかけて、市内の病院で多臓器不全のため相次いで死亡した。

 同保健所によると、2人は友人同士で、24日、市内の山林で食用の「クロハツ」と間違えてニセクロハツを採取し、その日の夜、女性が自宅でみそ汁に入れて2人で食べたところ、約30分後におう吐、下痢、血尿、呼吸困難などの症状が現れた。

 ニセクロハツは、色や形がクロハツにそっくりだが、クロハツは肉を傷つけると傷口が黒く変色するのに対し、ニセクロハツは黒くならないのが特徴。毒性が強く、2人は2、3本を食べていたらしい。

 同保健所によると、全国でニセクロハツによる死者は過去10年間、出ていないという。
(読売新聞) - 8月27日10時47分更新
--------------------------------------------------------

先日報道された「毒キノコ、ニセクロハツで中毒死」のニュース↑を受けて
知り合いや家族から心配してくれるメールを貰った。
当方、取り敢えず少しでも疑問がある物は口にしないようにしている。
自分を過信してもいけないが、
そう言う事故を起こさない為にもキノコの研鑽をし、
これからも慎重にして行かなければ、ね。

で、今回の件の勉強も兼ねてクロハツ、ニセクロハツの検索をした。
当方は実見した事が無いので画像は全て広い物。

こちらの画像はクロハツ(「ギュウギュウきのこ」より)。


こちらの画像がニセクロハツ(「趣味の部屋」より)。

外見的には殆ど区別が付かない。

どちらも切断すると断面が数分で赤くなるが

(「ギュウギュウきのこ」より)
クロハツはその後黒変するのに対して
ニセクロハツは黒変しないのが違うとの事である。
クロハツの変色過程はこちらで公開されていた
ただ、この変化には数時間を要すると言う。

キノコ狩りをする人には二つのパターンがある。
一つは図鑑を片手に同定しながら採取するタイプ。
もう一つは図鑑は見ずに今迄に食べたキノコだけを採取するタイプ。
今回の中毒者は後者だったのだろう。
過去に経験して安全だったキノコだけを採取するのは
中毒予防策の一つではある。
だが、今回の様にそっくりな外見の毒キノコがある事を知らないと
哀しい事態になってしまう。
今回の中毒者はニセクロハツの存在を知らなかったのだろう。

クロハツとニセクロハツを外見で見分けるポイントは
黒変するかどうかだけだが
他の判別点を詳細に調べた人が居たので以下に引用する。

 ニセクロハツは見たことがないのだが、図鑑で調べてみたところ、
 黒変以外にも判別のヒントはありそうだ。まず、発生環境が異なる。
 クロハツは、主として落葉広葉樹の林や、針葉樹の林に出る。
 一方のニセクロハツはもっぱら照葉樹林(シイ・カシなどの常緑広葉樹
 の林)に出るらしい。また、ニセクロハツは近畿以南を中心に分布し、
 関東や東北では稀といわれる。
 傘の質感も異なる。ニセクロハツの傘の表皮はややビロード状を帯び、
 皮を剥ぎ取りにくいという。一方のクロハツにはそうした特徴はない。
 さらに柄と傘の色のバランスも微妙に違うようだが、写真と記述を
 見比べてもよく呑み込めなかった。
  【きのこ屋氏のサイトより


--------------------【引用終わり】----------------------



さて、今回2007/09/04付けのニュースで間違いがある。
『府はクロハツに似た猛毒の「ニセクロハツ」か
 「クロハツモドキ」を食べたとみて注意を呼びかけている』とあるが、
実は「クロハツモドキ」は致死の猛毒キノコでは無い。
生食すると中毒する事があるが、美味な食キノコなのだ。
記者が間違えたのか、「食の安全推進課」が間違えたのかは判らない。
まぁ、「毒→食」の間違いでは無いから良いかも知れないけど。

もう一つ。
「下痢の症状を訴えたため、キノコを捨てて帰宅した」とあるが、
この対応は間違っている。
そう言う状態に陥ったのなら、その原因を突き止め、
症状の悪化を防ぐ為にもキノコは捨ててはいけない。
キノコの種類が判っているかどうかで、
治療の対応が随分と違って来るのだ。
今回も、原因となったキノコを持ち帰っていれば
その男性も命を落とさなかったかも知れないのだ。


こう言うニュースがあると
キノコが「不気味な物」「怖い物」と
思われてしまいかねないのでとても残念だ。
まぁ、よりマイノリティの趣味になるから
マニアとしては優越感に浸れて良い、とも言えるけどw


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| ベニタケ科 | 12:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
白いキノコ3種
「白いきのこ」「白いキノコ」の語句検索で
この記事に辿り着かれた方は
こちらの記事をご覧下さい(→
こちら)。
お探しのキノコがあるかも知れませんw



岐阜の山は白い大きなキノコが良く発生している。
一見、皆同じに見えてしまうのだが、
実は複数の種類が混じっている。
種類によって、年によって増減やムラがあるが
今年はすぐ近くに3種類混じって生えていたので
並べて比べてみた。

こちらの画像はツチカブリ。

大型になりやすいキノコで、
傘径15cmになるのも珍しくない。
ひだが極めて密なのが特徴。

チチタケの仲間なのでひだを傷付けると乳液が出て来る。



こちらの画像はツチカブリモドキ。

外見はツチカブリに良く似ているが、
ツチカブリに比べるとやや小型で
ひだがかなり粗いのが特徴。

これもひだを傷付けると乳液が出て来る。



こちらの画像はシロハツの仲間と思われるキノコ。

こちらはひだを傷付けても乳液は出て来ない。
シロハツは柄の上部、ひだの付け根が
青くなっているのが特徴。
だがこのキノコ、画像では再現出来ていないが
ひだ全体に青みがあったのでアイバシロハツかも知れない。



この3種は表から見ただけでは殆ど区別が付かない。
裏返してみて、初めて違いが判る。
強いて言えばツチカブリモドキは
縁が内側に巻いているので見当が付きやすいが、
それも幼菌の段階ではどれも似た形なので判り難い。

ツチカブリ、ツチカブリモドキは
乳液が辛いので普通は食用にはされないが
水に晒すか、油で炒めて辛味を抜くと食べられる由。
また、3ヶ月以上塩蔵すると食べられる、との事で
それは以前試した事がある。
まるでザーサイの様な歯触りだったw


シロハツ、アイバシロハツはそのままで食べられる。
だが、この地域では知られていない様で
どれも朽ちるに任されていた。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| ベニタケ科 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |