CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 菌輪 | main | Hypomyces菌 まとめ >>
緋色

画像はヒイロタケ。
名の通り、緋色の鮮やかな、カワラタケの仲間。
6/16、名古屋市名東区内にて撮影。
横たえられた桜の丸太から沢山発生していて
遠目からも良く目立っていた。
因みに真ん中の一枚は、裏返して管孔が見える状態にした物。


この画像は近くの大きなクヌギ(?)の丸太に発生していた物。
こちらは5/28の様子。

そして6/16の様子。
成長しているのが判る。
7月頃には全体的に大きくなって
かなり派手な状態になっている事だろう。


こちらは5/28、更に近くの桜の丸太から発生していた物。
とても日当たりの良い場所に生えていた所為か
一枚目画像のに比べて少し色が黒っぽい。


こちらは同じ物の6/18の様子。
更に日焼けして黒っぽくなっている。


こちらは5/28の別の場所の個体。
これもクヌギと思われる丸太から発生していた。
時々この様に背着的に発生している事がある。
この後、傘を発達させて行くのだろうか。

ヒイロタケは、カワラタケ同様煎じて飲むと
健康に良いとか、ガンに効くとか。
でも、実際に効果があるのかどうかは不明。
ただ、ヒイロタケから抽出された成分は
薬品に利用されているらしい。

所でヒイロタケと外見上区別の付かない物に
シュタケ(朱茸)がある。
裏返して管孔の大きさを比べると
シュタケの方がヒイロタケに比べて遥かに大きいので
初めて違いが判る。
リンク先の個体はやや古い物の為か
色合いが違ってしまっているが
こちらも同様に鮮やかな色の種類なので
裏を見ないと判別はまず不可能だろう。

とは言え、ヒイロタケは南方系、
シュタケは北方系のキノコとの事なので
北海道、本州の高所以外では
この手のキノコがあったらヒイロタケと考えて
まず間違い無い、との事。
当方もシュタケはまだ見た事が無い。
一度、並べて画像を写してみたい物だ。

だから何?と言われたらそれまでだけど……w


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| 多孔菌科 | 11:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
どもです。

ヒーロータケに手裏剣タケ……w

どっちも役にたてばよいですねぇ……
って、これらはやはりフィールドでは目立つのでしょうね。

可食な人気キノコだったら、競争率はかなり激しいのでしょうねぇ……( ̄∀ ̄)=ャ=ャ

| きのこ堂 | 2007/06/21 11:52 PM |
どもですw

ヒーロータケがあるなら
ヒロインタケも欲しいですねw (;´Д`)ハァハァ……

生えてたら派手ですから遠目でも判りますよw
でも食べられなくて、ヒイロタケに取っては幸いですね♪
| まねき屋 | 2007/06/22 1:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/207964
トラックバック