CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 良く良く見ると | main | 巷で噂の >>
ポンッ! と出た
7/18、裏山で何かの幼菌を見付けた。
直径は2.5cm程だったか。

これはスッポンタケかなぁ……
昔一度この山で老菌を見た事があるけど、
その時はカメラが無かったからなぁ。
今回は何とか画像に残したいなぁ……
なので、それから経過観察をしていた。

が、8日後。
この様に萎びて来てしまった。

これはもう、これ以上育たないのだろうなぁ。
何の理由かは判らないが、成熟出来無かった様子。
残念だ……
まぁ、取り敢えず二つ割にして中身の確認だけでもしてみよう。

幼菌を手に取り、カッターで切り込みを入れる。
と、幼菌から中身がポンッと飛び出て転がり出した。
予想もしなかった事態に思わず「うわっ」と声を上げてしまった。
飛び出た物を見てみると、それはカゴタケだった。

カゴタケは、画像の様に、前衛生け花に使われる様な
粗い不定形の網目のカゴの様な形をしたキノコ。
とは言え、カゴと言うにはあまりにも網目が粗い。
それが折り畳まれた状態で幼菌に入っており
成熟すると袋を破って伸張するのだ。


今にして見れば、萎びた状態の幼菌の表面には
カゴの様な形が何となく表れている。
スッポンタケを予想していたので
それがカゴの形だったとは全く気付かなかった。
飛び出る瞬間を記録出来ていたらとても面白いし
世界的にも貴重な映像だったのだろうけどなぁ。
残念だ……w

図鑑では「成熟すると転がり出る事がある」と書かれていたが
それは老熟後の話で、
伸張当初は他のキノコと同じ様に
地中の菌糸とカゴタケ本体は繋がっているのかと思っていた。
だが、明らかに本体と外皮は繋がっていなかった。
他の生物の卵のように、外皮はあくまでも外皮で
中身は全く独立した状態で生まれ出る物だったのだ。
これはキノコとしてはかなり異質な生態なのでは無いだろうか。

飛び出て来たカゴタケは
撮影している間にも腕をどんどん伸ばし
最終的にはこの状態になった。

ますますもって、これはキノコには見えないなぁ……
因みに、10数cmにもなる個体もあるとの事だが
画像の個体は小さい方の部類になる模様。

それにしても、まさかカゴタケに出逢えるなんて、
しかもカゴタケを自分の手で飛び出させるなんて
思っても見なかったよw


所でカゴタケは内側に、胞子の含まれた
フルーツの様な甘い香りを発する暗色の粘液を付着させており
それを昆虫に嘗め取らせて胞子を運んで貰っている、との事。
成る程、確かにほのかに香るとフルーツの様な良い匂いがする。
だが、元々は昆虫を呼び寄せる為のニオイなので
ただのフルーツの良い香りなのでは無く、
冷蔵庫にうっかり仕舞い忘れてしまった為に
「うわ! 腐ってもーたやんか〜〜!」の、あのニオイなのだ。
なので間近に鼻を近付けると胸糞悪くなる。
カゴタケはほのかに匂うに限る様だ。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| 腹菌類 | 13:44 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
>「うわ! 腐ってもーたやんか〜〜!」の、あのニオイなのだ。

!?Σ(゜∀゜;)!!




                   サササッ……ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ
| きのこ堂 | 2007/07/29 10:05 AM |
                  ζ
ε=ε=ウヒョヒョ〜( ̄∀ ̄)ノΘ            サササッ……ε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ
| まねき屋 | 2007/07/29 11:13 AM |
頼むから、追わないでw(゚Д゚)w クレッ!!


                               (_Д_)ノ彡☆
| きのこ堂 | 2007/07/29 8:59 PM |
                   ξ
エイッ( ̄∀ ̄)ノ彡――==≡≡@
| まねき屋 | 2007/07/29 10:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/239240
トラックバック