CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 霊験あらたか | main | 白→緑 >>
けものキノコ
こちらの画像はイタチタケ。2005/07/05、裏山にて撮影。

イタチタケとは妙な名前だが、
傘の色からその名が付けられたとの事。
狐色をしていると思うのだが
「キツネタケ」と言うのが他にあるので
「イタチ」にした、と言う事なのかも知れない。
確かに、全体に細い感じがイタチの体形を想像させなくも無い。
傘の縁のフリンジが大きな特徴のキノコである。
だが、老菌になるとそのフリンジが消え、
ぱっと見は別種のキノコに見えてしまう事が多い。

因みにこのキノコは食べれる、との事。
だが、華奢なキノコなので食べでは無さそうである。
脆いキノコなので、料理中に形が無くなってしまう、と
書いているサイトもあった。
スープの浮き身くらいが良いのかも知れない。

こちらの画像はムジナタケ。2006/05/24、名古屋市内にて撮影。

イタチタケに極近い仲間だが
傘、柄共に表面の質感がイタチタケより荒く、
ゴツイ毛皮みたいな感じがするので
ムジナタケと名付けられたのだろう。

しかし、何故「タヌキタケ」で無かったのかは判らない。
因みにこれも食べれる、との事。
「むっちゃ美味!」と言う程では無いのか
試食例もあまり見付けられなかった。
見た目も美味しそうでは無いので仕方無いのかも知れない。
因みに、脂肪質が合うので
炒め物や天ぷらがお勧め調理法なのらしい。

因みにこちらは裏山で2007/07/02に撮影したキノコ。

当初、種類が判らなかったのだが
各特長はムジナタケと合致している様に思われる。
たまたま小型になってしまったムジナタケなのか
それとも近縁の別種なのかは不明……


こちらの画像はムササビタケ。2007/07/26、裏山にて撮影。

これもイタチタケの極近い仲間。
イタチタケよりは質感が荒い感じだが
ムジナタケ程ゴツクは無いので
「ムササビタケ」と名付けられたのだろうか。
ただ、イタチタケは個体差が大きいのか、
ムササビタケとの中間種の様な外見のキノコが良く見られ、
見分けの付き難い事が多い。
画像の物も、多分ムササビタケだとは思うのだが
あくまでも外見だけでの判断である。
因みにムササビタケも食べれる、との事。
だが、こちらはムジナタケ以上に知られていない為か
試食例をwebでは見付ける事が出来無かった。


この3種の和名。
多分同一人物が命名したのだろうなぁ。
今後、近縁の別種が発見された場合、
折角ならこのパターンを踏襲して命名して欲しい物だw
考えられる物としては

 タヌキタケ
 アナグマタケ
 テンタケ
 モモンガタケ
 ハクビシンタケ
 ヤマネタケ
 オコジョタケ

辺りだろうか。
個人的には「モモンガタケ」がお勧め、かな?w
上記の「小型ムササビタケ」は
実は「モモンガタケ」なのかも知れないなぁ……w


(注)ムジナはアナグマの別名ともタヌキの別名とも言われていますが
   此処では考えない事にしますw


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| ヒトヨタケ科 | 11:24 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
まとめて出しちゃったのね……

もったいない…………(;´Д`) w


                     ポチットな!(・∀・)「~
| きのこ堂 | 2007/09/23 8:28 AM |
>>きのこ堂さん

我慢し切れず、ついついドバッと出してしまいました……(;´Д`)ハァハァ……




自爆、有難う御座居ます〜♪
| まねき屋 | 2007/09/23 10:31 AM |
溜まっていたのね……お湯を注いで3分以内に処理できたでしょうか?w

                        明日もポチットな!w
| きのこ堂 | 2007/09/23 9:39 PM |
なるほど、ケモノの名前が付けられたキノコですね。
地味〜な感じのムジナタケは、たまに見かけますね。
確かに干からびた皮みたいな感じで、おいしそうには見えないので採ろうという気が起りませんでしたが。
山と渓谷社の「日本のきのこ」には、「捨てがたい風味が楽しめる」とありますが、いったいどの程度「捨てがたい」ものなのか・・。
| anago | 2007/09/23 11:39 PM |
>>きのこ堂さん

3分以上持つ様に頑張ってます (*・∀・*) ♪



自爆のし過ぎにはお気を付け下さいませw
| まねき屋 | 2007/09/24 12:59 AM |
>>anagoさん

巻末の「きのこと料理」の一覧表を見ると
中華風油炒め以外全てが「あまり合わない」「合わない」になってますよね。
本文の方にも「歯切れ、舌ざわりともに今一つ」とありますし……

これでは「捨てがたい」と言われても、
ちょっと食べる気にはなれませんよね……(^ω^;)

でも、ハマッたら止められない味なのかも知れませんね。
大量に生えているのに出くわしたらちょっと考えて見ます……w
| まねき屋 | 2007/09/24 1:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/298263
トラックバック