CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 悩んだ結果 | main | メルヘンチック >>
ザラっていない……
画像は裏山でちょいちょい見掛けるキノコ。

こちらは幼菌。2005/10/20撮影。


こちらも幼菌。2004/10/21撮影。


こちらは成菌。一枚目の画像と同じ日に撮影。



同じく成菌。2004/11/01撮影。


こちらは2005/10/20の全体像。

何となく菌輪になっている。

こちらは同日の別の場所。

こちらはほのかに菌輪になっている。

こちらは5枚目の画像の裏側。

ヒダが成熟して来たので紅色になっている。

こちらは老菌。2004/10/21撮影。

老熟してヒダの色が傘表面にまで及んでいる様子。
この状態だけで見ると、まるで別種に見える。

こちらは色がやや薄い個体。2006/09/14撮影。



これがハラタケの仲間の特徴の一つ。
近縁種である、市販のホワイトマッシュルーム
幼菌の状態だが、
あれも傘が開いて成熟すると同様になる。
そうなると商品価値が落ちるので
傘が開く前に収穫され、売られている次第。

当初、当方はこれをザラエノハラタケだと思っていた。
ザラエノハラタケはその名が表す様に
柄のツバから下の部分が
ザラザラ(と言うよりモケモケ)になっているのだが
裏山のこのキノコは、その部分がのっぺりしている。

ハラタケ科は、外見はそっくりだが別種、と言う
近縁の類似種が多く、未知種もまだまだあるのだとか。
このキノコも、Agaricus moelleri(和名無し) と言う種類に
似ていなくも無い様な気がしないでも無いみたいな、だが
何の確証も無い。

Webで見ると、ザラエノハラタケとされている物でも
柄のザラザラ部分がはっきりしていない物も多い。
それが個体差なのか、実は良く似た別種が
混同されてしまっているのかは判らない。

ザラエノハラタケは食キノコとして図鑑に記載されているが
人によっては強い胃腸障害を起こす注意種、となっている。
それはひょっとしたら近縁の別種のキノコの中に毒キノコがあって、
それと混同されているのだ、と言う可能性も考えられなくは無い。

因みに、このキノコはかなり前に食べた事がある。
味はマッシュルームと大差は無かった。
その時は少量だったからか、
または当方の体質には合っていたのか
特に中る事は無かった。
マッシュルームと変わらない味で、
本当に安全かどうか確信が持てないキノコなので
それ以降、わざわざ食べようと言う気にはなれないなぁ……


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
| ハラタケ科 | 15:38 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
後ろのしょーめん…(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ…w
| きのこ堂 | 2008/01/23 6:10 PM |

>>きのこ堂さん

いえ、これはマイムマイムを踊っているのです (;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……
| まねき屋 | 2008/01/23 9:45 PM |
いいですねぇ、キノコ写真がこんなに癒されるとは・・・。
私も何か撮って(採って)みたくなってきました、毒は、困りますが。
でも、野生のキノコどころか、栽培モノのキノコを見ることもない生活してますねぇ。

しかし、、、成長過程でこんなに変身しちゃうなら、魚みたいに各段階で名前があってもよさそう・・・でも、すると、ますますワケわからなくなっちゃうんでしょうね。
| ☆青☆ | 2008/01/25 4:08 AM |

>>☆青☆さん
有難う御座居ますー

出世キノコですかw
確かにそう言うのがあっても不思議は無いですね。

カワラタケで、白縁の黒色タイプの物を「クモタケ」と呼ぶ、と
『北海道きのこ図鑑』と言う本にありました。
湧き上る雲をイメージしているのだと思うのですが
その色目の物は、カワラタケの幼菌ですので
成長段階によって名前が違う、珍しい例だと思います。

他にも探せば色々あるのかも知れませんねー
今後の課題にしてみたいと思います♪
| まねき屋 | 2008/01/25 1:14 PM |
まねき屋さん、こんばんは。
菌輪って、何年くらいで写真のような大きさになるんですか?
好きで買ったきのこの写真集に「踊っているよ。百年で一拍を刻むポルカを。」っていう言葉が付いていてあって、とても素敵だな〜と思っていました。
| nona | 2008/01/25 10:40 PM |

>>nonaさん
どもですー

菌糸の成長速度は、キノコの種類や発生環境によって違うと思うのですが
1日に2〜3mmと書いてあるのを見た事があります。
となると1年で1mくらい、と言う事になりますねー

画像の菌輪は1m余りでしたので、1〜2年程度になるのでしょうかね。

>「踊っているよ。百年で一拍を刻むポルカを。」
とっても素敵ですね(^−^)
| まねき屋 | 2008/01/26 2:07 PM |
こんにちは〜。
ご無沙汰しておりましたがご機嫌いかがでしょう。
ハラタケは図鑑を見て目に焼き付けておりますが、いまだに見かけたことのないキノコです。
出会ってみたいキノコのひとつなんですがなかなか・・。

ところで、ウチの会社の植え込みに正体不明なキノコが出ております。
わりとしっかりしたキノコなんですが、図鑑を見ても見当つきませんでした。
まねき屋さん、心当たりありませんでしょうか?

↓これ
http://creek.cocolog-nifty.com/yamabito/2008/01/post_9e30.html
| anago | 2008/01/31 4:21 PM |

>>anagoさん
どもですw

詳細はそちらのblogにコメントを書いたのですが
個人的にはエノキタケでは無いか、と考えています。
だとしたら、ちょっと珍しい生え方ですねw
| まねき屋 | 2008/02/03 1:11 AM |
いつぞや水を吹くきのこの記事にコメントした者です。
またとんでもなく前の記事へのコメントで恐縮です。

形からハラタケの仲間と思われる何とも気になるきのこを見つけてしまい、探していたら、この記事にたどり着きました。Twitterの記事ですみませんが、下記の写真のものです。
https://twitter.com/at384/status/897646975037747201

ハラタケの仲間でこんなに真っ赤になるものは覚えが無く、手持ちの図鑑を片っ端から探しても見つかりませんでした。が、なるほど、ひだの成熟した胞子の色が傘にまわりこんだと考えると納得が行きます。

いつもながら深い洞察で、たいへん参考になります。
| 384 | 2017/08/16 11:55 AM |

>>384さん
コメント有難う御座居ました。

モタモタしている間に解決されていましたね・・・・・・
お役に立てず申し訳ありませんでした。

ハラタケの仲間は驚くほど赤くなる事があってビックリしますね。
図鑑には載って居ませんので当方も長らく悩んだりしました。

またよろしければ覗きにいらして下さい(^-^)
| まねき屋 | 2017/08/20 12:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/414319
トラックバック