CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< スミレホコリタケまとめ | main | 未練…… >>
緑・赤・白
こちらの画像はアイタケ。2008/08/16に撮影。
以下の物も含め、全て岐阜県荘川村内にて発生していた物。

緑色の地に、青緑色の絣模様が特徴的。
ちょっとピンボケなのが残念……

こちらは2007/08/14に撮影。


こちらは以前にもUPした事のある、模様が鮮明過ぎるタイプ。
2004/09/19に撮影。

此処まで鮮明なのはちょっと珍しいと思う。
こちらはその裏面。

柄とヒダの白色がキレイ(・∀・)♪

こちらは模様の不鮮明なタイプ。2005/09/09に撮影。

こう言う感じの個体が、この荘川村では少なくない様だ。

アイタケは美味なキノコとの事。
当方は以前一度食べた事があるのだが
その時は特に味の印象は無かった。
調理の仕方が悪く、本来の持ち味を引き出せなかったのかも知れない。
『阿武隈のきのこ』と言う本によると
天麩羅にするととても美味しいらしい。
次回、採り頃の個体に出逢ったら是非試してみたい物だ。


こちらはフタイロベニタケ。2004/09/18に撮影。

アイタケに似て、赤地に暗赤色の絣模様が特徴のキノコ。
とは言え、この画像ではちょっとそれが判り難い……

こちらの画像の方が多少絣模様が判りやすいかな。2008/08/19に撮影。


こちらは2006/09/09に撮影。
古くなって真ん中に穴が開いてしまっている。


こちらは2008/08/19、二つ上の画像の物のすぐ近くに発生していた個体。

アイタケもそうだが、この仲間は群生しないタイプらしい。
それがこの場所には隣り合って生えていた。
余程この場所はフタイロベニタケに向いた環境なのかも知れない。

こちらは2006/08/15に撮影。

上二つの画像もそうだが、
フタイロベニタケは中心部が緑色で周縁部が赤色の事が多い。
それが名前の由来なのかも知れない。

こちらは2005/09/11に撮影。

緑と赤の2色がはっきりしている。

こちらは2008/08/19に撮影。

2色の対比が更にくっきり。

こちらは緑色の部分がとても大きいタイプ。2005/09/09に撮影。


所で『原色日本新菌類図鑑』によると、
フタイロベニタケは、以前はアイタケの赤色変種とされていた由。
実際、アイタケも赤色を交える事があるらしい。
フタイロベニタケは「中心部が緑で周辺部が赤」なのに対して
アイタケは「中心部が赤で周辺部が緑」との事。
確かにそれでは混同されても仕方無いだろうなぁ。
顕微鏡的には多少差異があるので別種とされた、との事だ。

フタイロベニタケも食べられるそうだが
味についての記事は見付けられなかった。
何故か何時も出逢うフタイロベニタケは老菌なので
食べる機会が中々無いなぁ……


こちらはツギハギハツ。2005/09/09に撮影。

白地に白褐色の絣模様が特徴的。

それにしてもツギハギハツとは可哀相な名前だw

こちらは2005/09/09に撮影。

こちらは2006/09/08に撮影。

幼菌の段階から絣模様が顕著だ。

因みにツギハギハツは食毒不明。
試食体験記も見付けられなかった。


フタイロベニタケ、ツギハギハツ共に
アイタケに比べて発生は多くないらしいのだが
この荘川村での当方が見る範囲では
3種とも同じ位の比率で発生している様だ。

緑系絣模様がアイタケ。
赤系絣模様がフタイロベニタケ
白系絣模様がツギハギハツ。
他には茶色系絣模様でヤブレキチャハツ
紫系絣模様でアオムラサキハツと言うのがあるらしいが
残念ながら当方はまだ実見していない。
出来る事なら、それらを一同に会させてみたい物だ。
また、折角なら黄色系や他の色の絣模様のベニタケも見付けてみたい物だw



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| ベニタケ科 | 15:00 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
どうもこんにちはです。
全色全種類が集まると願い事がかなうとか
あれば楽しいですね♪(ないですけど・・・)

どうせなら和名を全部ツギハギハツに合わせてあげれば
良かったですよね。
アイツギハギ
ベニツギハギ
キツギハギ・・・・って
早口コトバみたいで楽しそうです♪

| gikusa | 2008/08/28 10:55 PM |
>>gikusaさん
願いが叶うのであれば全色集めたいですねー♪
矢張り龍が出て来るのでしょうか?w
さて、どんな願いにしましょうか???

全てをツギハギに揃えるのは良い案ですねぇ。
それなら今後どんな色の種類のが出て来ても対応出来ますねw
でも、「キツギハギハツ」が一番言い難いですねー
新しい活舌の訓練には良いかもw

| まねき屋 | 2008/09/01 1:13 AM |
ツギハギハツ 可笑しいですね
私も見たことあるのかな?
自分が見たものくらい憶えておけ!! 
・・・てね

実は7年位前
まだサクラシメジを見たことが無かった時 一番下の写真みたいなのがうちの裏に出てきて
眺め回した挙句 きっとサクラシメジだな?ということになりました
それで、うどんに入れたらいい出しがでて美味しかった〜(おぉ怖わ!)
サクラシメジとは似ても似つかぬものなのに・・・

サクラシメジは数度挑戦しましたが 苦くて食べられません
| yuuko | 2008/10/23 5:31 PM |

>>yuukoさん
良くぞ御無事で……(^ω^;)

そのキノコ、ツギハギハツだったのでしょうかね。
だとしたら、これは美味しいキノコなのですねw
これは是非次回試してみなければ♪

サクラシメジは10年程前に一度だけ採取したのですが
保存に失敗して食べられずに終わってしまいました。
それ以来、一度も出逢っていません。
そうですか、苦いのですか……
その時食べられなくて良かったのでしょうかねー
| まねき屋 | 2008/10/25 9:52 AM |
ツギハギかどうかは・・・・?

後で考えたらカシタケだったのかな、と思ったんですけど 北海道にはカシタケは出ないようだし・・・

サクラシメジはかなり美味しいという話は聞きますよ
採るには張り合いがありますよね
| yuuko | 2008/10/28 8:11 PM |

>>yuukoさん
カシタケは樫の木の分布域と重なっている、と
考えられているそうですので
樫の木があれば北海道でも発生しているかも知れませんねー
また、ベニタケ科は未知種も多いそうですので
美味の新種「yuukoタケ」だったのかも知れませんw

サクラシメジ、苦味が好き嫌いの別れる所なのでしょうねー
当方、苦味はちょっと苦手です……(^ω^;)
| まねき屋 | 2008/10/31 9:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/596043
トラックバック