CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 絶景 | main | つい……(^ω^;) >>
一石二鳥(または貢献)
突然ですが、此処で問題です。
次の画像の中に、オオセミタケがあります。
さて、何処にあるでしょうか???

(クリックすると少し大きな画像になります)
















正解は……


此処です!


と言う訳で、オオセミタケの季節になって来た。
とは言え、今年最初にオオセミタケを見たのは4月1日。
これは去年に比べると1ヶ月は発生が速い。
矢張りこれも温暖化の影響なのだろうか……

で、この個体。
柄が太い木の根の向こうに回り込んでいたので、
掘り取りは断念した。



こちらの個体は掘り取り成功。




こちらの個体も掘り取り成功。




冬虫夏草の掘り取りは楽しいなぁ……♪


所で、去年の9月、見知らぬ人からメールが届いた。
差出人は九州のとある大学の人。
佐賀県には親戚が居るが、どうもその人では無い。
そもそも、従兄弟とは言え、音信不通だし……

不審に思いながら中身を見てみると、
何でもその人は大学で冬虫夏草の研究をしているのだとか。
その研究試料としてセミタケが欲しいのだが
今年(08年)は異常気象の所為か、採取出来無かった。
ついては、もしセミタケがあれば送っては貰えないだろうか……
との事だった。
どうやらその人は、セミタケの発生や
生育の条件に関する研究をしている様だ。

確かに08年の夏は雨が少なかった。
当方の周辺でも、キノコの発生に影響が出ていた。
当方は遊びでキノコ観察をしているので
無ければ無いで、仕方無いと諦める事も出来るが
研究者となると、そうは行かない。
試料が無ければ仕事が進まないのだ。

恐らく、ネットでセミタケを検索し、
ヒットした所へ、手当たり次第メールを送ったのだろう。
此処の様な場末のキノコblogを見て送って来たぐらいだ。
相当切羽詰っていたのだと推察される。

だが、当方はセミタケは
以前住んでいた東大阪で2個体を採取したのみだ。
名古屋では未だ出逢えていない。
その旨、返信すると
比較対象の材料とする為に
セミタケ以外でも、何か冬虫夏草が採取出来たら
是非送って欲しい、との事だった。

当方、冬虫夏草を見ると、つい掘り取りをしてしまう。
それはとても楽しい事だからなのだが
実はそれに罪悪感を感じてもいた。
当方の様な一素人が冬虫夏草を採取しても
ただ死蔵してしまうだけだ。
単に当方の自己満足、収集欲の為だけに
貴重な生命を殺してしまい
今後の発生の芽を摘んでしまうのは実に申し訳無い。
まして、セミタケ等は発生する迄に7年も掛かっているのだし。
でも、見付けると、どうしても掘り取りをしたくなってしまう。
アンビバレントだ、ジレンマだ……

そんな時に、そのメールを受け取ったのだ。
当方が掘り取りをして、それをその人に送れば
どうしても掘り取りしたい、と言う当方の欲求と
どうしても研究試料が欲しい、と言うその人の利害が一致する!
これは正に一石二鳥だ!
しかも、日本の菌学に貢献が出来る(・∀・)♪
是非掘り取って送ろう!

だが、08年はその後、冬虫夏草は殆ど採取出来無かった。
そして今年、オオセミタケが発生し始めた。
なので早速連絡をしてみる。
すると、是非欲しい、との事。
手順を教えて貰い、梱包をする。

新鮮な状態を保つ為に、泥は付いたままで。
新聞で包むのだが、乾燥し過ぎない様にする為に
念の為少し霧吹きで湿らせた。



あくまでも「試料」なので、
ギロチンしていても、ギロチンした子実体だけでも大丈夫w



それを軽く包んで、乾燥しない様にビニール袋に入れる。



それを容器に入れ、更にビニール袋を被せる。

こうやって、その人の研究所宛に送った。

翌日、御礼のメールが届いた。
とても喜んでくれた様だ。
その文面から察するに、
何件送ったのかは判らないが
依頼のメールに応えたのは当方だけだったのかも知れない。

暫くして、「分離に成功した」とのメールも届いた。
当方の送った個体から
「オオセミタケの菌株」が作られたのだ。
今後、その研究室でオオセミタケが研究される際には
その菌株が利用される事になるのだろう。
ひょっとしたら、日本中世界中の研究者が
それを使う事になるかも知れない。
そう考えるとワクワク(・∀・)♪してしまうw

これから先、オオセミタケに関する論文が発表されたら
当方の送ったオオセミタケがそれの元になっている、と
思う事にしよう♪



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| 昆虫寄生菌 | 00:12 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
利用されちゃったのね……w

弄ばれないでください……w

(;´Д`) ハァハァハァ(;´Д`) ハァハァハァ(;´Д`) ハァハァハァ
| きのこ堂 | 2009/05/02 6:27 AM |

>>きのこ堂さん
判ってても、どうしても利用されちゃうの……
ダメナアタシ……

(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……
| まねき屋 | 2009/05/02 9:48 AM |
↑同じようなことを書こうかと思いましたが、
1ゲトのときだけにします。

さて、ホコリタケをペシペシしたり、
冬虫夏草を掘り起こしたりと、
それらすべては菌界の保全のためなので、
これからもがんばってください。
| gikusa | 2009/05/02 4:03 PM |

>>gikusaさん
有難う御座居ます〜

間違えてオオセミタケをペシペシしない様に気を付けますw
| まねき屋 | 2009/05/02 8:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/847917
トラックバック