CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 掘り出し物 | main | フウとホウ >>
救出と成仏
画像はマツオウジ。
2009年4月24日、名古屋市内にて撮影。
公園内の松の古い切り株に、唐突に生えていた。


まるで何処かのキャラみたいだw

こんな目立つ場所に、目立つ形のキノコだから
誰かに悪さされないか、ちょっと心配だ。

近くに転がっていた松の丸太からも
マツオウジが何本も生えていた。

こちらはもう少し育つのを待ってから収穫しようかな。

5日後、様子を見に行ったら
数本が折り取られていた。
しかも、縦に裂かれたり
細かくちぎられた物が周辺に捨てられいた。

左側の物がそれ。
散らばっていた物を集めて
生き残っていた個体と並べて撮影した。

キノコは何故かその様な扱いを受ける事が多い。
食毒関係無く、意味も無く踏み潰されたり
蹴り折られている事が多いのだ。
恐らく、キノコは気味悪い、と言う
先入観を持っている人が多いからなのだろう。
だが、このマツオウジは
一部は縦に裂いて捨てられていた。
キノコに多少興味がある人が
「縦に裂けるキノコは食べられる」の話を知っていて
それを試してみたのかも知れない。
で、縦に裂けたは良い物の
結局気味悪がって投げ捨てた、
と言う事だったのだろうか。

このままでは残ったマツオウジも
どんな目に遭わされるか判らない。
踏み潰されたり、蹴り折られたりするのも可哀相だ。
それに、此処の所晴天続きで
やや干からびて来ている。
更に晴天が続くそうなので
このままでは今後の成長は望めず
ただ干乾びて枯れてしまうだけだろう。
それも勿体無い。
なので、採取して持ち帰る事にした。

こちらは例のヤツ。
どうやら無事だった様だ。


成長して、更に何処かのキャラっぽくなっているw
だから蹴り折られずに無事だったのだろうか。

早速収穫。



「ぎゃ〜〜〜〜っ!!」
と断末魔が聞こえてきそうだw

他の生き残っている物も合わせて収穫。




折角なら、と、料理上手でキノコ好きな友人に郵送。
その際、
 「是非丸焼きにして相棒に喰わせるべし!」
とメッセージしたら
本当にそうして食べさせたらしいw

こう言う食べ方で、実際に美味しかったのかどうかは不明……

とにかく、これでこのマツオウジ達も
無駄死にする事無く
無事成仏出来た事だろう。
(-人-) ナム〜


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| ヒラタケ科 | 00:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
なかなかいいカタチのマツオウジですね〜。
きのこにしておくのが勿体無いくらいですw

小さい個体のほうがおいしそうですね。
でかいのはいつもパサパサしてます
| gikusa | 2009/07/05 9:53 PM |
>>gikusaさん
こんな形のマツオウジもちょっと珍しいかも知れませんねー
このままストラップに出来たらちょっと自慢物でしたねw

当方に取って
中々取り頃のに出逢えないキノコの一つです……
| まねき屋 | 2009/07/05 11:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/893207
トラックバック