CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大笑い | main | コツブ粒々 >>
裏と表と

画像はベニヒダタケ。
2008年9月2日、名古屋市内にて撮影。
 
名古屋市東部ではベニヒダタケを良く見掛ける。
広葉樹の枯れ木に発生する、
北半球一帯に分布する普通種、との事だが
東大阪東部をフィールドにしていた時には
一度も出逢った事の無かったキノコの一つだ。

木材腐朽菌なので、土壌に発生するキノコに比べて
環境の影響は少ない様に思うのだが、
何か目に見えない環境の違いがあるのだろうか。
それとも、当方の徘徊していた東大阪東部には
別の木材腐朽菌が優先種として君臨していた為に
ベニヒダタケは中々発生出来無かったのだろうか。

で、名古屋東部に転居して以来、
ベニヒダタケは良く見掛けていた。
だが、それはポツンポツンと生えている物ばかりで



1枚目の画像の様に、密集しているのは初めて見たので
ワーイ(・∀・)♪と感激してしまったw

ベニヒダタケの名は、成熟するとヒダが紅色を帯びる事による。
だが、幼菌や未成熟の個体の場合はヒダが白い。
それでなくても傘の鮮やかな黄色が良く目立つ。
なので、由来を知らないと、何故こんなに傘の表が黄色くて、
ヒダの白いキノコがベニヒダタケなのだろうか、と悩んでしまいそうだ。


ヒダの紅色具合には個体差がある様で
今まで当方の出逢って来た個体は
4枚目画像の様にほんのり紅色を帯びるのが多いのだが、
こちらの画像の様に、老熟しても全体が褐色を帯びてしまって
ヒダの紅色が目立たない個体もある。

そうなると、益々名前の意味が判らなくなってしまう。

こちらの画像は1枚目の個体群の翌日の様子。
かなり萎れている。

ベニヒダタケはとても成長が早いのだ。

成長の様子を前日の画像と並べて比べてみた。

たった一日で、これだけ変化してしまうのだなぁ。

こちらは老熟した個体。

ヒダがかなり紅色を帯びている。
なるほど、確かにベニヒダタケだ。


こちらは別の場所で出逢ったベニヒダタケ。
2本が隣り合って生えているのだが
傘を良く見ると二つは融合していた。



こちらの個体も、ヒダがかなり紅色だった。



このベニヒダタケが木材腐朽菌だと言うのは先に書いたが
かなり腐朽が進んだ段階で発生する菌、との事。
他の木材腐朽菌が栄養を取り尽くして
競争相手が居なくなってから、ゆっくり生えて来るのだろう。
確かに発生していたのは
かなり腐朽して柔らかくなった枯れ木だった。

また、シイタケの古いほだ木に良く発生が見られる、との事。
そして、これが生えて来ると、ほだ木はもう終わりなのだそうだ。
実際、最初のベニヒダタケが群生していた切り株は
ベニヒダタケが萎れて消えた直後に粉々に崩壊していた。
本当に、木材腐朽の最後の段階に発生するのだなぁ。
その画像を撮って置かなかったのが
今更ながらとても悔やまれる。


所で、近縁種にウラベニガサと言うキノコがある。
こちらは傘は灰褐色と地味な色合い。



老熟すると矢張りヒダが紅色を帯びる。



他に、傘が鮮やかな赤色のヒイロベニヒダタケと言うのもあるが(→こちら
残念ながらまだ当方は出逢った事は無い。

ウラベニガサとベニヒダタケ。
何ともややこしい名前だ。
両種ともウラベニガサ属のキノコなのだから
和名も「ウラベニガサ」を基準にするべきだと思うけどなあ。
「ヒョウモンウラベニガサ」と言うキノコもある事なのだし(→こちら)。
そもそも、一番目立つ傘の黄色を敢えて無視して
何故ヒダの色の微妙な変化だけを和名として取り上げたのだろう。
無用の誤解を与えてしまう命名だと思うなぁ。

つまり、

 ベニヒダタケ    → キウラベニガサ
 ヒイロベニヒダタケ → ヒイロウラベニガサ

とすれば、すっきりすると思うのだが。
今後、この属に新種のキノコが発見された際にも
和名が付けやすいと思うのだけど。


世界共通語の学名ですら色々と変更されるのだから
単なるローカルネームに過ぎない和名は
実用に便利な様に、整理すべきだと思うのだけどなあ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| ウラベニガサ科 | 00:15 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
どうもー♪
さっそくやって来ました。
本年もどうぞよろしくです!!

さて ”今が盛り”の瞬間はほんとに短いですね。
まるでヒトヨタケのようです。

それにしても名前がややこしいのがいっぱいです。
和名もそろそろちゃんと整理すべきだと思います。
学名のAKA(Also known as)のように
別途表記とかもっとちゃんと工夫して欲しいですね〜。
| gikusa | 2010/01/23 3:04 AM |
うちのホダ場に何時来たんっすか?w
| きのこ堂 | 2010/01/23 10:47 PM |

>>gikusaさん
早速有難う御座居ますー♪

溶けこそはしない物の本当にヒトヨタケでしたね。
食べれる、との事ですが食べでは無さそうですw

和名、ホントややこしいですよね。
ゴーン氏辺りが整理に乗り出さないとダメでしょうかねw
| まねき屋 | 2010/01/24 8:54 PM |

>>きのこ堂さん

フッフッフ……( ̄∀ ̄)
| まねき屋 | 2010/01/24 8:55 PM |
はじめまして
じつは、キイロスズメバチが白い菌にまれて死んでいるのを見つけました。冬虫夏草ということを念頭に情報を探していて貴サイトを見つけました。
これが、単なるムシカビ菌なるものの仕業であることもわかりました。
ついては、貴ウェブサイトのアーカイブ「昆虫寄生菌」リンクさせて頂きたくコメントを差し上げました。よろしくお願いします。
| jkio | 2010/01/30 8:12 PM |

>>jkioさん
ご来訪とコメント有難う御座居ますー

ムシカビの件。
見た目は白い菌糸で同じに見えても
所謂「ムシカビ(ボーベリア)」で無い場合もある様です。
正確な同定には顕微鏡での観察が必要、との事です。
なので、jkioさんのキイロスズメバチの物も
実際には冬虫夏草の何か、と言う事も考えられないでは無い、と思います。
当方は顕微鏡を持っていないので、良くは判らないのですが……

リンクのお申し出、有難う御座居ます。
どうぞよろしくお願い申し上げます(^−^)
| まねき屋 | 2010/01/30 9:29 PM |
Re:ムシカビの件
ありがとうございました。
「冬虫夏草である可能性も捨てきれない、ただし、
同定には顕微鏡下での作業が必要である」と云う
ふうに理解致しました。
ご回答の内容を、ほぼ丸写しで、わたしのブログに
追記させて頂きます(W)。
ありがとうございました。

| jkio | 2010/01/31 10:13 AM |

>>jkioさん
ご丁寧に有難う御座居ますー

jkioさんのblogにコメントさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

またよろしければ除きにいらして下さいませ(^−^)
| まねき屋 | 2010/01/31 12:00 PM |
こんばんは。こちらのblogは地元(愛知県)のねたが多いので良く拝見しています。ベニヒダタケの和名については自分でももっとどうにかいう名前がつけられなかったのかなあと思っていました。初心者の頃は名前を聞いてもきのこの姿がすぐ浮かびませんでした。ただ私も顕微鏡を覗くようになってわかったのですが、ウラベニガサ属のウラベニガサ節とベニヒダタケ節はシスチジアの形で分類されているようなので一緒にしてしまうとまずいかもしれません。今年も楽しみにしています。よろしくお願い致します。
| gorosuke | 2010/01/31 5:15 PM |
 まねき屋さん、こんばんは。大阪のだんきちです。

 ベニヒダタケの記事、興味深く拝見させていただきました。
 きのこの一生で、ピークというものは本当にごく僅かですね。でも、このはかなさが私は好きであったりもします。

 またお邪魔させていただきます。
| だんきち | 2010/01/31 9:24 PM |

>>gorosukeさん
コメント有難う御座居ますー

gorosukeさんも愛知県でしたかw
ひょっとしたら、東山公園辺りですれ違っていたかも知れませんね♪

シスチジアの件、有難う御座居ます。
当方は顕微鏡を持っていませんので、その辺りの事は知りませんでした。
なるほど、そう言う事情もあるのですね。

とは言え、やっぱり……と思ってしまいますw
素人の当方がこんな処でぼやいても仕方ありませんが……

またよろしければ除きにいらして下さい。
今年もどうぞよろしくお願い致します(^−^)
| まねき屋 | 2010/02/01 9:01 PM |

>>だんきちさん
コメント有難う御座居ますー

キノコははかない所が良いですねー
フィールドを歩いていると
そう言う瞬間に立ち会えるのが楽しいですw

かと思えばサルノコシカケみたいに何年も生え続けるのもあるし。
キノコの、そう言う捕らえ所が無い所が好きです♪

またよろしければ覗きにいらして下さいませ(^−^)
| まねき屋 | 2010/02/01 9:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993911
トラックバック