CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< コツブ粒々 | main | コフキサルノコシカケはややこしい >>
ぷにぷに

 こちらの画像はタマキクラゲ。
文字通り、球状をしたキクラゲの仲間だ。

直径6〜7mmの細い小枝に
まるで取って付けた様に発生していた。

こちらは更に細い、直径5mm程の小枝に発生していた物。


こちらは直径1cm程の小枝。

キクラゲは枝が太かろうが細かろうが
手当たり次第に発生するのだが
タマキクラゲは何故か
比較的細い枝からしか発生しない。

こちらは比較的太い、直径3cm弱の枝。




こちらは鈴なりの個体。


逆光を受けてまるでイルミネーションの様に見える。

こちらもやや太い3cm程の枝に群生していた個体。

こちらも鈴なりだ。

こちらは1cm弱の小枝に密生していた小さな個体群。
乾燥気味なので全体に萎んでいる。


ややもするとカイガラムシに見えてしまう(→こちら)。

当方が見た範囲ではぽつんぽつんだったり
並んで発生している事が多いが
時としてこの様に密生して押し合いへし合いになる事もある。



こちらは密生した上に、かなり干乾びてしまっている個体。

こうなると、近縁のヒメキクラゲとの区別が付き難い。


たが、どんなに密着しても融合しないのが
タマキクラゲの特徴の一つ。
それに対してヒメキクラゲは
全体が融合していて一つの個体になっている。
なので、良く観察をすれば両者の違いが判る。

こちらは更に干乾びた個体。
枝にペタッと張り付く程に薄っぺらくなってしまっている。


これが雨を受けて水分を吸収すると
元の様に丸い形に戻る、との事。

こちらは老熟した個体。
ブヨブヨになって溶けかけている




こちらは溶けかけた固体が干乾びかけている物。

はっきり言って気持ち悪いw

先にも書いたが
キクラゲは細枝だろうが丸太だろうが
手当たり次第に発生するのだが
タマキクラゲはなぜか細い枝からしか発生しない。
同じ素材で出来ているのだから
どちらから発生しても良さそうな物なのだが
太い枝からは発生出来ない理由が
何かそこにはあるのだろう。

視覚的に言えば、細い枝と太い枝は
心材、辺材と樹皮のバランスが違うのだが
それがタマキクラゲの発生に何か影響を与えているのだろうか。
それとも、例えばラムとマトンが違う様に
細い枝が太い枝になる際に
何か失われてしまう、若しくは
逆に何か生成される成分があって
それがタマキクラゲの成長に
関係しているのだろうか。
とにかく良くは判らないが
何か目に見えない理由があるのだろうけどなぁ。


因みに、タマキクラゲは食べられる。
なので、試食してみる事にした。

一見一塊に見えるが、枝から外すとバラバラになった。

先にも書いたが、どんなに密着しても融合しないのが
タマキクラゲの特徴だ。

インスタント味噌汁を使用し調理。

汁の中に丸いタマキクラゲが浮いているのはちょっとシュールw

キクラゲはコリコリとしているが
タマキクラゲはぷにぷにとしている。
味は特に無いので、食感を楽しむ素材だろう。

色さえ気にしなければ、デザートにも使えそうだ。
黒蜜をかけても美味しそうな気がする。
今度新鮮な個体に出逢えたら試してみようかな。



所で、「タマキクラゲ」の事を考える時、
当方は頭の中でどうしても
「タマキ クラゲ」と変な所で分けてしまう。
そして、「玉木くらげ」と言う名前の芸人を想像してしまう。

いかにも売れない芸人、と言った感じの芸名だなぁ。
テレビには全く出ず、寄席中心なのだろうな。
それも末広亭みたいな格の高い小屋では無く
温泉地の場末の演芸場が似合いそうだ。

以前、「たこ八郎」と言う芸人がいた。
今は「さんま」「くじら」と言う芸人が居る。
なので是非「くらげ」で競演して欲しいなあ。

誰か是非「玉木くらげ」で芸人デビューしてくれないかなぁ
「キノコ漫談」をするのだったら是非ブレーンとして雇って欲しい。
少しはネタを提供出来ると思うのだけどw

芸名の使用料は頂きませんので
誰か是非「玉木くらげ」でデビューして下さいw



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ 

| キクラゲ類 | 01:03 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
まさかこちらのブログのこの記事をみて
「よし!芸人になろう!」
って言う人が出てくるとは思えないのですが・・・。

でも勝手に出てこないと判断するのは良くないですね〜。
ひょっとしたら出てくるかも?ですね〜。

注意してこのコメント欄を観察することにします♪


ところで!20枚以上の膨大なw画像!
今回もお疲れ様でしたw

| gikusa | 2010/03/06 5:59 PM |
>>gikusaさん
玉木くらげは名古屋の大須演芸場で頑張っています。
客は20人くらいで、全くウケていませんが
それでも前座で一所懸命頑張っています。
これからもテレビで売れる事は無いでしょうけど……

と、ストーリーを考えていたのですが
あまりにもマニアックなので本文には書きませんでしたw
因みに、玉木くらげはテント(大空テント)をイメージしていますw
実際にデビューする人は居ないでしょうが
この日記を読んで下さった方の記憶の中に
「玉木くらげ」が生き続けてくれたら本望かとw

とある人からは「毒ササコ」とコンビを組ませろ!、
と言われましたが(^ω^;)


画像の件。
最近ちょっと大量になり過ぎてしまっているので反省中です……
次回はなるべくそうならない様にしたい……なぁ……(遠い目
| まねき屋 | 2010/03/07 11:34 AM |
| まねき屋 | 2010/03/07 11:35 AM |
 玉木くらげですかw

 毒ササコとのコンビもおもしろそうですが、姫木くらげとの夫婦漫才でも良いかもしれませんね。

 タマキクラゲはプニプニしてて、確かに魅惑の触感ですが、食べてみようとは思ったことがなかったので参考になりました。

 タピオカとかナタデココとかの代わりになるかもしれませんね。
| だんきち | 2010/03/07 4:40 PM |

>>だんきちさん
姫木くらげ、ですかw
玉姫コンビで縁起良さそうなので
それなら売れるかも知れませんね♪


タマキクラゲ、その後話を聞いたら
黒蜜で食べた方が既に居られました。
美味しかったそうです(^−^)
その方が食感を「こんにゃくゼリー」と
表現されていました。
それが的確だと思います。

白色化出来れば売れそうな気がするのですけどねー
ホクトでは既に開発中かも知れませんがw
| まねき屋 | 2010/03/07 10:25 PM |
どもー(・∀・)b

デビューしちゃいましたw

ギャハハハハ(_Д_)ノ彡☆
| 玉木くらげ | 2010/03/08 9:48 PM |
まいど〜(・∀・)b

オデもデビューしちゃいまちたw

ヒイィィィッッッ!(_Д_)ノ彡☆


         以上!!(`Д´)ゝピピッ
| 毒ササコ | 2010/03/08 9:53 PM |
再び こんにちは!
こちらのコメント欄も成長していますね〜w

でも、すいませんでした!
余計なことを言ったがために芸人さんがデビューしちゃったようです。
| gikusa | 2010/03/09 11:09 AM |

>>玉木くらげさん、毒ササコさん
是非売れる様に頑張って下さい……(´・ω・`)ノ゛
| まねき屋 | 2010/03/13 3:36 AM |

>>gikusaさん
テレビで見れる日を楽しみに待ちましょう( ̄∀ ̄)
| まねき屋 | 2010/03/13 3:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993915
トラックバック