CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 3.11 | main | アミガサタケ追悼 >>
ポルチーニ!!

 画像はヤマドリタケモドキ。
porcino-1.JPG
2009年7月6日、名古屋市東部で撮影。
現場は、通行量の多い幹線道路沿いだが
ちょっと林のようになっている一角。
人通りも割と多いのだが、
ここだけ動線から少し外れている。
そんな場所なので、
まさかこんなのが生えてるとは思わなかった。
ふと見たら、これが目に入って
「おぉっ!?」となってしまった。
しかも、通行人の誰もこのキノコに目を留めず
収穫はもちろん、
踏み潰す様な事もしないでいるのにもびっくりしてしまった。

例によって1000円札と比較。
porcino-2.JPG
こんなにデカイ!

ヤマドリタケモドキは食用だ。
近縁の「ヤマドリタケ」はイタリアではポルチーニ、
ドイツではセップと呼ばれ、ヨーロッパでは人気のキノコだ。
栽培出来無い種類なのだが
秋には市場に山積みされる程大量に収穫され、出回ると言う。

生でも調理されるが乾燥保存出来る為、
スライスして乾燥させた物は年中出回っている。
日本でも入手可能だが
結構な値が付いているので高級食材と言える。

日本のヤマドリタケモドキは
ヨーロッパのヤマドリタケに比べると
香りが弱い、との事だが
十分素晴らしい食材となる。
ヤマドリタケモドキも「ポルチーニ」として
キノコ愛好家の間では利用されている。
画像の様に、大きくなる事の多いキノコだ、と言う事も
魅力の一つだろう。

ただ、日本の場合
ヤマドリタケモドキの所属するイグチの仲間は
殆ど発生と同時に虫に食害され
外見は問題なくても中身はグズグズで
食用に適さ無い場合が多い。

このヤマドリタケモドキも
念の為、割って中を見てみると
porcino-3.JPG
porcino-4.JPG
この様に虫に食われてグズグズだった。
これではちょっと食用には出来無い。
うーん、これは残念……

よし、発生場所と時期は、これで判ったのだから
来年は早めに来て、
虫が食ってしまわない内に収穫する事を目指そう。


と言う訳で2010年。
カレンダーと天気を睨み
6月になって現場を訪れてみた。
と、狙い通り、まだ若いヤマドリタケモドキを発見。
porcino-7.JPG
porcino-8.JPG
porcino-9.JPG
porcino-11.JPG
porcino-5.JPG
porcino-14.JPG
porcino-12.JPG

念の為、柄を切って中を確認。
porcino-6.JPG
うん、まだ虫は回っていない様子。
これなら食用に出来る。


所で、先にも書いたが
日本に発生しているのは
ヨーロッパのヤマドリタケの近縁のヤマドリタケモドキだ。
以前は「ヤマドリタケ」と思われていたが
良く調べたら別種である事が判明し
「ヤマドリタケモドキ」とされた、との事だ。
古い図鑑には「ヤマドリタケ」として掲載されているが
その後に発刊された図鑑では
「ヤマドリタケモドキ」と記載される様になった。

所が、研究の結果、西洋種のヤマドリタケが
日本でも発生している事が近年になって判明したと言う。
と言う事は

 「以前はヤマドリタケとされていた物は
 実はヤマドリタケモドキだった」とされた物が
 実はやっぱりヤマドリタケだった、

と言う事もあるのだろうなぁ……

外見的な違いは
柄の部分の編み目模様の範囲。
ヤマドリタケは柄の下半部のみ、
ヤマドリタケモドキが柄全体、との事。
その点は多少の個体差もあろうが
このキノコは柄全体が編み目模様。

なので、やはりこれは
ヤマドリタケモドキで良いのだろう。

状態の良いのを選んで早速収穫。
スライスして乾燥させた。
porcino-15.JPG

1年越しに収穫できたヤマドリタケモドキ。
狙いが的中したのが嬉しい。
収量も十分。
色々な料理に使える。
でも、折角なら美味しく食べたいなぁ……

と言うわけで、
昨年同様、近所のイタリアンの店、ネグラマーロに
ヤマドリタケモドキを託して
ポルチーニだらけのコース料理を作って頂いた。
【因みに、昨年はアミガサタケ(→こちら)】

料理画像、今回は構図をおしゃれblogぽくしてみた積もりw


1.ゼッポリ(青海苔の揚げパン)とグリッシーニ
Dish-1.JPG
これは前回と同じ。
ゼッポリが(゚д゚)ウマー


2.トスカーナ風ポルチーニの濃厚ポタージュ
Dish-2.JPG
本当に濃厚なポタージュで(゚д゚)ウマー


3.マスのレア焼き リコッタチーズソース
Dish-3.JPG
鱒をこう言う風に食べるのは初めて。(゚д゚)ウマー


4.和牛とポルチーニのキターラ
Dish-4.JPG
キターラは切り麺のパスタ。
歯応えもあり、濃厚な味に良く合っていて(゚д゚)ウマー


5.ポルチーニとホロホロ鳥のリゾット
Dish-5.JPG
深い味のホロホロ鳥とポルチーニがこれまた(゚д゚)ウマー


6.子羊のソテー ポルチーニとジャガイモのトルティーニ
Dish-6.JPG
Dish-7.JPG
ジャガイモの千切りがカリカリ。
ジャガイモ好きな当方には堪らない組み合わせで(゚д゚)ウマー


7.チョコレートのタルト アイスクリームとフルーツ添え。
Dish-8.JPG
バレンタイン期間限定だったチョコタルトを
無理を言って作って頂いた。

しかも、タルトの材料を使ってわざわざキノコを作って下さった♪
Dish-9.JPG
「きのこの山」じゃありませんよ。
シェフお手製の特別なキノコ菓子ですよ♪

更にチョコソースでキノコの装飾まで♪
Dish-10.JPG
手間隙掛けて頂いて本当に有難う御座居ました。
小麦粉を使っていないと言うタルトは
チョコの味が濃厚で、正に当方好みで(゚д゚)ウマー

8.コーヒー
Dish-11.JPG
既に飲んでしまっているけどねw

ご馳走様でした(-人-)

(゚д゚)ウマー、本当に(゚д゚)ウマー

皆様も名古屋へお越しの際には
是非ネグラマーロでお食事をw
誠実で丁寧な仕事なのにとてもお値打ちです(→Yahoo地域情報

この日の食事の事は
シェフのblogでも紹介して頂いている(→こちら)。
文中で当方の事を「ほとんどマニア!」と書いているのは
恐らく気を遣って下さったのだろうなぁ。
因みに当方はどう見てもマニアですw
本当に有難うございま(ry



最後に、当方の誕生日が近かった、と言う事でプレゼントを頂いた。
実は、デザートの皿に描かれたメッセージも
「誕生日おめでとう」だった次第。
何かと思ったら「かまわぬ」のキノコ柄の手拭い♪
結構リアルに描いてあるのが面白い。
Dish-12.JPG
雑貨屋で見付けて、これは是非!と買って下さったとの事。
わーい♪
有難う御座居ました(-人-)

実はシェフの誕生日も近かったので
当方からは、ヤマドリタケモドキと同じ場所に生えていた
アカヤマドリのスライス乾燥品をプレゼントした。

アカヤマドリはヨーロッパには生えていない種類で
ポルチーニとはまた違った味わいのキノコ。
シェフにとって初めて扱う素材になる訳なので
面白いかな、と思ったのだけど
喜んで頂けたかどうかは不明……(;´Д`)

 
それにしても、こうやって好きな物を
プレゼントして下さる人が居るんだもんなぁ。
○○が好きだ!、と自分が好きな物を公言しておくと
こう言う風に良い事があるもんだ。


所で当方、本当はキノコより何より
「お金」が一番好きなんですよ( ̄∀ ̄)


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| イグチ科 | 00:22 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
おぉ・・・なんだかこんなのを見てしまうと、
一気に夏茸スイッチが入ってしまいそうですw

ヤマドリタケの方もあったと・・・。

個人的な印象だと、ヤマドリタケの方が
肉質がガッチリとしてて硬いイメージがw
シュタインピルツていうぐらいなので・・・。

猪口が恋しい季節ですね〜〜今年はどうも、
不作感の拭えない気配です・・・どうにも、顔ぶれの数が少ない・・・。

誕生日おめでとさんですw
そのカマワヌのキノコてぬぐい、去年東京遠征の際に
和雑貨屋でみつけて、以来頭に巻いて散策してますw
キノコだと気づかない人がほとんどですがw
| 全 Radical 仝 | 2011/04/16 5:11 AM |

>> 全 Radical 仝 さん
有難う御座居ますー♪
手拭い、既にお持ちでしたか、さすがw
しかも探索時の標準装備とは!

名古屋市東部の食キノコ事情で言えば
このヤマドリタケモドキは唯一自慢出来る物かも知れませんねー
そちらと違ってとにかく種類が少ないのですよ……
あれだけ色々な種類に遭遇していながら
「顔ぶれの数が少ない」だなんて贅沢ですw

とにかく今年も色々なキノコが沢山発生して欲しい物ですねー


| まねき屋 | 2011/04/16 4:17 PM |
すごい!

街中(でしょうか?)の、人通りの少なくないところにこんなヤマドリタケモドキが生えてるんですか!?

シェフが腕を振るったお料理もとても美味しそうですね♪

今年の夏は、是が非でも若いヤマドリタケモドキを収穫したいと思います!
| だんきち | 2011/04/20 3:08 PM |

>>だんきちさん
ちょっと郊外で、周辺に緑はありますが
それにしても唐突に生えていましたねー
ほんと、キノコは油断なりません……

当方も今年も収穫したいと思います(^−^)
| まねき屋 | 2011/04/23 2:23 AM |
ローマにいってきたので乾燥ポルチーニをいっぱい買ってきました。粉末にするには、ただ砕けばいいだけですか?
お忙しいと思いますが、暇な時にご教示くだされば幸いです。
| ポコマム | 2014/11/14 10:11 PM |

>>ポコマムさん
当方はマルチブレンダーで粉末にしましたが
叩いたりすり鉢を使うのでも十分だと思います。
調理をすれば食感も気にならなくなりますので
粒子の大きさはそれ程拘らなくても良いかも知れません。
| まねき屋 | 2014/11/16 3:39 PM |
ありがとうございます!
早速やってみます。
| ポコマム | 2014/11/16 10:33 PM |
こんにちは

キノコ取りを専業・商売?気味でしています
東京ですが
自宅周辺でヤマドリタケモドキが沢山です
7月始めと9月始めの2回で
それぞれ300個ほどともの凄い量です
全部保存出来ればいいのですが。

天然の山シイタケも沢山取ります
4月の一月期間で100坩幣紊任垢
これは保存出来るので助かります。

| あちゃんパパ | 2015/01/14 9:54 AM |

>>あちゃんパパさん
300個×2とは羨ましい限りです!!
当方だったらせっせとスライス乾燥させるかと♪

それにしても素晴らしいフィールドをお持ちで……
| まねき屋 | 2015/01/22 11:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993933
トラックバック