CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 玉の汗 | main | マスタケは美味しい >>
スペクタクル

画像はサガリハリタケ。
sagarihari-S060909.JPG
sagarihari-5.JPG
文字通り、針の様な形の物が
枯れ木の一面からぶら下がっている。

広葉樹の枯れ木に発生し、特に珍しい種類では無いが
東大阪では2004年に、その後岐阜山中で2006年に、と
計2回出逢っただけだった。
それが名古屋では毎年、そして年に何回も遭遇している。
このキノコに取って名古屋一円は
余程居心地が良い環境、と言えるのかも知れない。

サガリハリタケは広葉樹の木材腐朽菌なのだが
腐朽の最終段階に発生するベニヒダタケと違って
当方が見たところサガリハリタケは
腐朽がちょっと進んで来たなー、と言う具合の枯れ木、
もしくは立ち木の枯れた部分に発生する様だ。

枯れ木一面をサガリハリタケが覆っている姿は中々に壮観だ。
sagarihari-12.JPG
sagarihari-4.JPG

この角度で見ると
ビクトリアの滝にも似た大瀑布にも見える……かなぁ?w
sagarihari-9.JPG


アップで見ると、壮大な氷柱か鍾乳石の様でもある。
sagarihari-11.JPG


サガリハリタケのその形はかなり独特だ。
知らなければとてもキノコには思えない。
場合によっては粘菌のエダナシツノホコリと良く似ている。
edanashitsuno-1.JPG
edanashitsuno-2.JPG
だが、質感がまるで違うので区別は付くだろう。


シダレハナビタケとも良く似ているが(→こちら
シダレハナビタケはシロソウメンタケ科 ハナビタケ属、
サガリハリタケはコヤクタケ科サガリハリタケ属なので
それ程近い種類とは言えない。
他人の空似、と言えよう。

こちらは発生初期の物。
sagarihari-3.JPG
この段階では、これから針が成長するとは思えないよなぁ。

こちらは小枝の一部から針が出ている個体。
sagarihari-6.JPG
一瞬、冬虫夏草の何かに見えてしまった。
こんな発生の仕方も珍しいと思う。

こちらは丸太の断面にびっしり発生していた物。
sagarihari-7.JPG
sagarihari-8.JPG
こうして見ると、何か別の生物の様にも見える。

これだとちょっとクラゲか何かの深海生物っぽいかな。
sagarihari-14.JPG
sagarihari-1.JPG


こちらは当方の人生で最初に出逢ったサガリハリタケ。
2004年9月30日、東大阪にて撮影。
sagarihari-H040930.jpg
直径は1円玉程の大きさ。

10月10日。
sagarihari-H041010.JPG
かなり針が伸びていた。

10月21日。
sagarihari-H041021.JPG
更に針が長くなっていた。
真ん中の針は古びて褐色が強くなっている。
こんな風に成長するのだなぁ。


こちらは老菌の様子。
sagarihari-old-1.JPG
sagarihari-old-2.JPG
sagarihari-old-3.JPG
全体が褐色になっている。

こちらは乾燥しかけている。
sagarihari-old-4.JPG

こちらは更に乾燥した状態。
sagarihari-old-5.JPG
sagarihari-old-6.JPG
針が萎れて細くなって目立たなくなっている。

これが
sagarihari-13.JPG

10日後にはこうなってしまう。
sagarihari-old-7.JPG
元の盛大な様子を見ているだけに何とも哀しくなってしまう……
まぁ、十分に使命を終えてる訳だから本人は本望なのだろうけど。


先に書いた様に、名古屋東部ではサガリハリタケの発生が多いが
2010年は特に多く見掛けた。
その年の気候が名古屋のサガリハリタケに取って
丁度具合が良かったのだろう。
枯れ木の腐朽具合もたまたま合致していたのかも知れない。

それを絶好のチャンス!と躍り出て来た物が居る。
それは粘菌(変形菌)だ。
sagari-nenkin-2.JPG
sagari-nenkin-3.JPG
この、種不明の粘菌の変形体はキノコを餌にしている種類の様だ。
それがサガリハリタケに覆い被さって思う存分に摂食していた。
キノコは逃げられないから
食べ尽くされるのをただ待つしか無いのだよなぁ。

こちらは一週間後の様子。
サガリハリタケはすっかり消えていた。
sagari-nenkin-4.JPG
変形体も姿を消していた。
また次の餌を求めて他の場所へ移動したのだろう。


こちらは別の場所。
このサガリハリタケも
sagari-nenkin-1.JPG

1週間後にはこんな状態に。
sagari-nenkin-5.JPG
sagari-nenkin-10.JPG
sagari-nenkin-11.JPG
こんな光景があちこちで見られた。

一部の粘菌は子実体になっていた。
sagari-nenkin-6.JPG
aomoji.JPG
詳細な種類は判らないが、モジホコリの仲間だと思われる。

この小さな丸太の上でも微生物同士の
弱肉強食のこんなスペクタクルが繰り広げられているなんてなぁ。
本当に菌類は面白くて、ときめいてしまうよ。



ときめく、と言えば。
日本で、世界で多分唯一のキノコライター、
菌友・堀博美氏が2冊目の本を出版した。
その名も『ときめくきのこ図鑑』。

キノコにちょっと興味がある、と言う人を
立派な「キノコ者」にしてしまおう、と言う啓蒙書。

90種類の綺麗なキノコ画像にときめく文章が添えられ、
専門用語の丁寧な解説もや
キノコグッズやキノコアートの紹介もあり
見やすいレイアウトも相まって誰もが楽しめる内容かと。
因みに、今回もSpecial Thanks に
当方の名を載せて頂いていますm( _ _*)m

よろしければ皆様(・∀・)つドゾー(→こちら)。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| コウヤクタケ科 | 00:45 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 更新待ってました(^^)/
 変形菌はきのこも食べるんですね・・。
>キノコにちょっと興味がある、と言う人を
>立派な「キノコ者」にしてしまおう、と言う啓蒙書。
すごいw
| MANGA41 | 2012/09/29 10:28 AM |

>>MANGA41さん
有難う御座居ますー
基本的に月イチ月末更新ですので、また来月末覗きにいらして下さい♪

変形菌、キノコを食べるかどうかは種類によって違いますが
硬質菌を食べている変形体はちょいちょい見ますねー
変形菌ももっと勉強しなければなぁ、と思っています……
| まねき屋 | 2012/09/29 9:44 PM |
あ、また、悪さしてる……( ゜Д゜)!

戻れない被害者を増やしているしw

あ、わしは、そろそろ戻れそうですが(・∀・)
| きのこ堂 | 2012/09/30 8:28 AM |

>>きのこ堂さん

そんな現実逃避するしか無いくらい
重症になってしまったのね……。・゚・(ノД`)・゚・。
| まねき屋 | 2012/09/30 1:17 PM |
お久しぶりです。
サガリハリタケ見事ですね!
私も遭遇してみたい・・・
昨日は御殿場のキノコイベントに参加しました。
最近キノコ&キノコグッズが異様な盛り上がりをしていると思います。私も一緒になって盛り上がろうと作戦を考えております。
| act | 2012/09/30 9:56 PM |

>>actさん
お久し振りですー(^−^)

サガリハリタケ、全国的に分布しているそうなので
御殿場界隈にもあるのでは、と思います。
是非探してみて下さい♪

キノコイベント、参加されたのですね。
名古屋ではそう言うのは無いので激しく羨ましいです……
| まねき屋 | 2012/10/02 9:29 PM |
確かに最近サガリハリタケは増えているように思います。特に平地の里山でよく目にします。増加した原因がカエンタケと同じではないかとちょっと気になっています。10年数年前、私が初めて見たのは段戸裏谷のブナ原生林でした。
| gorosuke | 2012/10/09 10:32 PM |
図鑑に胸ときめいて思わず注文してしまいました

名古屋方面もキノコがどんどん出てきていますか?
サガリハリタケは見事ですね
一度見たことがあるような気がするのですが詳細は忘れていました
そして 粘菌に感動!
アメーバみたいにどんどん拡がるのですね
最終地点は子実体になることですか?
| yuuko | 2012/10/10 4:37 PM |

>>gorosukeさん
樹皮にとは言え、立ち木に大発生していたのを見た時には
かなり不気味な物を感じました。

多くは切り倒された丸太から発生していましたので
カシナガが絡んでいるとしたら、ちょっと嫌な話ですね……
| まねき屋 | 2012/10/11 1:04 PM |

>>yuukoさん
図鑑、ご注文頂きまして有難う御座居ますー
著者に成り代わりましてお礼申し上げます♪

名古屋のキノコ。
台風の後は少し出てたのですが、その後雨が無く
ちょっと寂しい状況ですねー
残念……

粘菌の件。
最終地点は子実体ですねー
この時の変形体はそれこそウハウハだったのでは、と思いますw
| まねき屋 | 2012/10/11 1:09 PM |
ご無沙汰しております。

サガリハリタケスゴいですね! 私はまだ見たことがありません。コウヤクタケみたいなペロンペロンの物体から、あんな立派な針坊主に成長するんですね!

一度触ってみたいです♪
| だんきち | 2012/10/17 8:53 PM |

>>だんきちさん
ご無沙汰しておりますー
だんじり祭も無事に終えられた様で何よりです♪

「日本のきのこ」を見ると掲載されている画像は
栃木県と福島県になっていますね。
ひょっとしたら東日本中心に分布する種類なのかも知れませんねー
| まねき屋 | 2012/10/19 6:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993951
トラックバック