CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2013名古屋ヤマドリタケモドキ事情 | main | 毒あり 毒無し >>
呉越同舟 その後
JUGEMテーマ:趣味

以前(2011年)、
Xylaria liquidambar(キシラリア・リクイダンバル)の事を書いた。
X.liquidambarはモミジバフウの実の
古くなった物から発生するキノコだ。
名古屋の某所ではこれが多く発生している。
そして、同じく古くなったモミジバフウの実から発生する物に
フウノミタケ(Phaeomarasmius laccarioides)がある。
X.liquidambarは以前、「フウノミタケ」と名付けられていたが
全く別のキノコに何故かその名を盗られてしまい
現在は和名無しのX.liquidambarと呼ばれるようになった。
で、名古屋のこの場所では因縁ある両者が混在しており
熾烈な勢力争いを繰り広げているのだ(→こちら)。

その時は今後の推移を要観察、と書いたのだが
昨年はうっかりその時期に現場に行きそびれてしまった。
で、今年(2013年)はどうだろうか、と
5月に様子を見に行ってみた。
fuu-X-liq-2.JPG
fuu-X-liq-1.JPG
fuu-X-liq-3.JPG
fuu-X-liq-5.JPG
fuu-X-liq-6.JPG
fuu-X-liq-7.JPG
fuu-X-liq-8.JPG
前回(2011年)に比べるとフウノミタケの発生数は減っていた。
それはX.liquidambar が勢力を挽回してきたのか
今年の気候の関係でたまたまそうなのか良く判らない。
はたしてどちらなのだろうか。
また来年以降も観察して行かないとなぁ。

そして今年の10月に同所を再訪した。
この時期にはフウノミタケを見る事は出来無い。
フウノミタケが子実体を形成し
胞子を飛散させるのは名古屋では5月頃だけなのだ。
だが、X.liquidambarはこの状態だった。
fuu-X-liq-11.JPG

因みに、子実体が繁茂していたのだが
何分、物が黒くて小さいので
俯瞰で撮影しても何が何だか判らない状態だった為
発生地全体の画像は無し。
で、5月頃の物 ↓ と比べると形が違っている。
fuu-X-liq-9.JPG
実は5月頃に見たX.liquidambar は
無性生殖の胞子を形成・飛散する分生子世代で
今回のX.liquidambar は
有性生殖の胞子を形成・飛散する完全世代なのだ。
春先に成長した分生子世代が
秋になると完全世代となって再び胞子を飛散するのだ。

となると、胞子を年に1回だけ飛散するフウノミタケと比べると
年に2回飛散するX.liquidambar の方が
勢力範囲を拡大するのには有利な様に思われる。

検索するとX.liquidambar に比べると
フウノミタケの情報は圧倒的に少ない。
それがそのまま発生数の差、と言う訳では無いだろうが
関係があるのは間違い無いだろう。
情報量の差がそれだけあるのは、
そして名古屋のこの場所で
フウノミタケがX.liquidambar に気圧されている様に見えるのは
それが原因なのかも知れないなぁ。
勿論、各々の胞子その物の生命力、耐久性等の差異があるので
一概には比べられないが
胞子を振り撒く機会が多い=一帯に振り撒かれる胞子の量が多い
=繁殖するチャンスが多い方が有利なのは当然だと思うしなぁ。
少なくとも名古屋のこの場所の状態を観察した範囲ではそう思えてならない。

とすると、フウノミタケは
このまま生息範囲を規模縮小させられ続けざるを得ないのだろうか。
それとも、起死回生の繁殖力を発揮して
勢力を拡大出来るのだろうか。
やはりこれからも要経過観察だなぁ。

因みに、こちらは5月に撮影したとある個体。
fuu-X-liq-12.JPG
fuu-X-liq-13.JPG
枯れて干乾びた完全世代の子実体とは別に、
または干乾びた子実体の一部から
分生子世代の子実体が生えて来ている。
こうやって、モミジバフウの実が朽ち果てるまで
両世代の子実体の発生を繰り返して行くのだろうなぁ。

とにかく、これからもこの場所から目が話せない(^−^)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 
| クロサイワイタケ科 | 00:02 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
フウノミタケ なんともいえない可愛さ〜♪
もう一つのX君も如何にもX!という感じがいいです

フウの実は見たことないのですが 小さいとしたらキノコはどれほど小さいのでしょう

フウノミタケって美味しいのかな・・・
その場所がいつまでもそのままでありますように
| yuuko | 2013/11/30 2:47 PM |
そっかー

目が離せないのかー

ユンボで綺麗に除染しておくわ。

あ、まねき屋さんが脱着自在の目玉を置いて
監視しているから、それは無理って事か……w

「オイ! キノコドー!(#`皿´)ノキィーーーッ! 」とか言うんでしょ?



                  コエー……(((;゚Д゚)))ガタガタ
| きのこ堂 | 2013/11/30 7:52 PM |

>>yuukoさん
フウの実、枯れて落ちた状態の物しか知らないのですが
大体1円玉大でしょうかねー
なのでフウノミタケも精々傘径1cm程度です。

なので、たとえ食べれたとしても、
食用に収穫するのはかなり大変かと……
クルトンみたいに浮かすのは可愛いかもw

いえ、食べれるのかどうかは知りませんが……

| まねき屋 | 2013/12/01 1:52 AM |

>>きのこ堂さん
フウの実は広範囲にあるのだけど
Xylaria liquidambar が発生するのはこの一角だけなのねー
だから、他の場所からフウの実をユンボで運んで来てくれるなら許すw
| まねき屋 | 2013/12/01 1:55 AM |
そんなに、フウノミが必要なら、こっちから放射能入りを送るかw

ま、常識的に拡散が危険だから我慢するけど、もし、子実体が
発生したら「濃縮」Xylaria liquidambarだろうなぁ。

そんなこと、幾ら「悪」のわしでも出来きんわ……

そのかわり、この記事をネタに、こっちで楽しむわ……ニヤニヤ( ̄∀ ̄)


で、ユンボのバケット満載&牽引屯袋を引きずって、
ソコまで行かなきゃならんのか……
高速で行ったら何時間かかるんだよ?(笑)

計算してw(゚Д゚)w クレッ!!

因みに、当社のユンボは、人間or亀の歩行速度が最高速度ですけどね……

(_Д_)ノ彡☆
| きのこ堂 | 2013/12/02 9:18 PM |

>>きのこ堂さん
正に最悪の兵器・・・・・・(∩;゚皿゚)ヒイィィィッッッ!

キシリトールだと歯に良いのに、
濃縮キシラリア・リクイダンバルだと怖い感じにw

| まねき屋 | 2013/12/03 4:11 PM |
ハナから、カタカナで書いてよ……

どーしても読めねーんですわ……(苦笑)

だから「きのこ堂」は「粘着最悪兵器化」しちゃうんだぢょ(笑)

復路の最中に、ニガクリタケを見つけたら、それ持って戻るわ。

ギャハハハーー ((((_Д_)ノ彡☆
| きのこ堂 | 2013/12/03 8:10 PM |

>>きのこ堂さん

エライスンマヘン (゚Å゚)
| まねき屋 | 2013/12/04 11:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993966
トラックバック