CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 毒あり 毒無し | main | 情けが仇に >>
シック
JUGEMテーマ:趣味

こちらの画像はヘビキノコモドキ。
何とも不気味な名前のキノコだ。
hebikinoko-18.JPG
「モドキ」が付いているからには
それの付かない「ヘビキノコ」と言うのが
ある事になる訳なのだが
「ヘビキノコ」は「キリンタケ」の別名となっている。
どちらも動物の名前由来になっているが
命名の理由は判らない。
傘の模様からの連想なのだろうかなぁ。

ヘビキノコモドキは灰褐色の地に
地色より濃色のイボ(ツボの残骸)がある。
そして、柄の暗褐色のだんだら模様が特徴。
hebikinoko-4.JPG
hebikinoko-6.JPG
キリンタケも良く似ているが
キリンタケは傘の地色とイボの色の関係が
ヘビキノコモドキと逆なので見分けが付くだろう。
勿論、個体差もあるので確実な判別法とは言えないが。

東大阪在住時、その界隈では見た事が無かったのだが
此処、名古屋東部では結構発生が多い。
愛知県が花崗岩地域で、
名古屋市東部には第四期更新世の土壌が露出している、
と言うのと関係があるのかも知れないなぁ。

加えて、名古屋で発生しているヘビキノコモドキは
傘の色が銀色がかっているが多く
ややもすると金属光沢の様に見えてしまう。
まぁ、当方がヘビキノコモドキと思っている物が
DNA的に本当に「ヘビキノコモドキ」なのかは勿論判らないが。

先にも書いたがヘビキノコモドキは
灰褐色の地に、地色より濃色のイボがあるのが特徴。
大人な、シックな配色と言えるかもなぁ。
だが、その様子には個体差がとても大きい。
以下、成長の様子と共に、その個体差の色々を列挙。

こちらは発生したばかりの超幼菌。
hebikinoko-2.JPG
傘は全体がマットな暗灰褐色。
これが成長と共にひび割れてイボとなって行く。

こちらは少し成長した個体。
hebikinoko-3.JPG
傘の灰色部分がひび割れ、イボとなり始めた。


こちらは褐色系の個体。
hebikinoko-11.JPG
小型の個体なので、イボが相対的に大きく見える。
因みに、この固体は傘の地色がかなり金属光沢している。

傘が開き始めた個体。
hebikinoko-15.JPG
ツバが見えている。
この固体はかなり明色タイプだなぁ。

こちらは成菌。
hebikinoko-16.JPG
hebikinoko-5.JPG
傘のイボ、だんだら模様の柄、膜質のツバ、
環状模様の残骸状のツボ、と全ての特徴が揃った個体。
図鑑向きの画像かもw

こちらは柄が太短い個体。
hebikinoko-13.JPG
こう言う個体も結構見掛ける。

こちらは柄のだんだら模様が目立たない個体。
hebikinoko-1.JPG
ちょっと悩んだが、これはヘビキノコモドキだと思う。

こちらは傘のイボが目立たない個体。
hebikinoko-8.JPG
これもちょっと悩んだが、矢張りヘビキノコモドキだと思う。
この個体も傘が金属光沢していた。


傘のイボのアップを。
こちらはとても均質的な分布。
hebikinoko-17.JPG

こちらは環状に分布している。
hebikinoko-14.jpg

こちらは不均質にまばら。
hebikinoko-12.JPG

こちらは均質的にまばら。
hebikinoko-10.JPG

こちらはモザイク模様的。
hebikinoko-9.JPG

それのまばらバージョン。
hebikinoko-7.JPG
本当に色々で面白いなぁ。
これからももっと撮影して行こう♪


今思えば、このネタは昨年(へび年)の1月の記事として
UPするべきだったなぁ……


 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ
 
| テングタケ科 | 00:02 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
おはようございます
朝から嬉しい気持ちになりました(^^♪
ヘビキノコモドキは面白い!

地肌が金属質化しているものは テングタケの仲間のように見えますね
・・・と思ったらテングタケ科ですか〜

傘のイボはチョコフレークみたいで美味しそうですね
でも 食べちゃダメダメ?
| yuuko | 2014/01/25 5:46 AM |

>>yuukoさん
ヘビキノコモドキは毒キノコとの事ですが
テングタケ科だから多分美味しいのではと。
勿論食べてはダメですけどねw

見た目と違ってクリスピーでは無いでしょうし(^−^)
| まねき屋 | 2014/01/28 5:24 PM |
遅まきながら今年もよろしくお願いします~

ヘビキノコモドキは大阪泉州地域ではたびたび見かけるので、当方のブログにもアップしたことがありますが、これだけ個体差があると、そらが本当にヘビキノコモドキだったのか今さら不安になりました…

近況ですが、山渓の「日本のきのこ」の増補改訂新版に買い直したら、DNA鑑定に基づき分類が大きく見直されていて驚きました。また1から勉強します…トホホ…
| だんきち | 2014/02/02 8:20 PM |
来るな!と言われても、また来た。

で、まぬき屋さんは、悩み多き年頃なのね……w

モザイクの先に(;´Д`)ハァハァ……

してたりしてんぢゃ??w

イボイボとか(笑)



だんきちさん……

わしのは、第1版だから、買い直しに同意かもなー……




| きのこ堂 | 2014/02/02 8:37 PM |

>>だんきちさん
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪

ヘビキノコモドキ、そちらにはありましたか。
生駒山の西側麓では見掛けませんでしたねー
もっと標高の上の方にはあったのでしょうかね・・・・・・

増補改訂版。
当方はまだ入手出来ていません・・・・・・
分類の方はもう素人にはアテアゲー\(・∀・)/ですねw
| まねき屋 | 2014/02/02 9:30 PM |

>>きのこ堂さん
マタキタノネ・・・・・・

(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……して何が悪い!!!
| まねき屋 | 2014/02/02 9:30 PM |
ぢゃ、もう来なくていいのね?w


       |彡サッ


仕方ねーから、付き合っておくわ……w


(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……


                 


                      |彡サッ



               (´・ω・`)ノ~^~マタクルワ
| きのこ堂 | 2014/02/07 9:32 PM |

>>きのこ堂さん

(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……




( ̄∀ ̄)ノ゛サヨウナラ
| まねき屋 | 2014/02/08 3:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/993968
トラックバック