CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2016名古屋ヤマドリタケモドキ事情 | main | こんにちは菌類 その2 >>
こんにちは菌類 

当方が長年追い求めているキノコの一つに

「スミレホコリタケ」がある。

スミレホコリタケ関連の記事まとめ

 

前回の記事で、一大発生坪を発見したので

今後も観察を続ける、と書いた。

その後、何度も現地を訪れていたのだが

スミレホコリタケの発生を見る事は無かった。

あれだけ一度に大量発生した、と言う事は

シロとして断末魔だったからこその大発生だったのかなぁ。

そうだとしたら残念だなぁ。

まぁでも、今後も観察は続けて行く予定。

引っ越しした為に現地が遠くなってしまったのは

少し残念だけど。

 

さて、4月末に引っ越しして

やっと落ち着いて来た7月の事。

買い物に向かうべく、

公団の敷地内をバイクで走って居たら

目に留まった物があった。

sumire2016-1 (1).JPG

sumire2016-1 (2).JPG

こ、これは!?

ひょっとしてスミレホコリタケっっ???

 

今まで、紛らわしいノウタケは散々見て来た。

このキノコはその今までの物とは印象が違う!

ネットで散々見ていたスミレホコリタケにそっくりだ!

これは恐らくスミレホコリタケと考えて良いだろう!

まさかこんな所に生えているなんて!

この地に越して来て最初に遭遇した菌類が

スミレホコリタケだなんて!

これは是非経過観察をしなくてはっっ!!!

 

と意気込んでいた翌日。

その後の観察をしようとしたら

スミレホコリタケと思しきキノコは影も形も無い!

どうやら近隣住民に撤去された様子。

 

この仲間は森の奥深くよりも草地や河川敷、

畑地の周辺の様な、少し人間の手が入った、

やや開けた場所に発生する事が多い様な気がする。

つまり、人間の生活圏内に

発生する事が多い、と言う事でもある。

 

この場所は公団の敷地内だ。

其処は子供達の遊ぶ場所でもある。

当然、住民もこのキノコを目にしている。

得体の知れない、目立つキノコが突然現れたのだ。

子供達に何かあったらどうする!?と警戒されても仕方無い。

その為、さっさと撤去されてしまったのだろう。

 

当方が長年追い求めていたキノコかも知れない、

と言う事情など住民は知る筈も無い。

千載一遇のチャンスが

まさかこんな事になるなんてなぁ・・・・・・

何時の日か、また此処に発生してくれる事を期待しよう。

是非また発生して欲しいなぁ。

発生してくれるかなぁ・・・・・・

 

 

と思った一週間後。

同じ場所にまた気になる物を発見。

sumire2016-2 (1).JPG

sumire2016-2 (2).JPG

sumire2016-2 (3).JPG

これまたスミレホコリタケでは無いのかっっ!???

 

有難い事にすぐに生えて来てくれた!

sumire2016-2 (4).JPG

前回のより一回り小さいけど、それは問題じゃない!

すぐにまた生えて来てくれたのがとにかく嬉しい。

                                            

だが、また住民に撤去されてしまうかも知れない。

なので、持ち帰って追培養する事に。

スコップで地面諸共掘り取る。

sumire2016-2 (5).JPG

sumire2016-2 (6).JPG

sumire2016-2 (7).JPG

器に入れて持ち帰る。

 

と、その途上、手が滑って落としてしまった!!

しかもタイミング良く?、

落ちたスミレホコリタケ?を蹴って転がしてしまった!!

幸いキノコがちぎれる事は無かったが

かなりダメージを受けた事は一目瞭然だった。

 

何とか持ち帰って霧吹きで水分を与えたが

色合いがつい先程とは全く違ってしまっていた。

翌朝にはこんな感じに。

sumire2016-2@1after.JPG

これは折角のスミレホコリタケ?を

蹴り殺してしまったのかも知れない・・・・・・

やっと手に出来たスミレホコリタケ?に浮かれて

舞い上がってしまったつもりは無かったのだけどなぁ。

うーんショックだ・・・・・・

 

ちょうどその頃、仕事でバタバタしていたのと

折角のスミレホコリタケ?を蹴り殺してしまった、

と落ち込んでいた為に、ついそのまま放置してしまっていた。

で、3日後にはこんな状態に。

sumire2016-2@3after.JPG

あぁ、やっぱり死んでしまったのだなぁ・・・・・・

 

その後、そのまま放置する事2週間。

ふと見てみると、こんな様子に。

sumire2016-2@22after (1).JPG

sumire2016-2@22after (2).JPG

sumire2016-2@22after (3).JPG

あれ、これは老熟したスミレホコリタケでは無いか!?

 

そう言えば、今になって思い出した。

スミレホコリタケは成熟する時に

急激に色が変化し、短期間で黒くなるのだが

老熟し乾燥すると紫色になるのだった(→こちら)。

 

このスミレホコリタケは蹴り殺されてはいなかったのだ。

その後もちゃんと生きていて、胞子を成熟させていたのだ。

と言うか、当方に蹴り転がされた事により

命の危機を感じて成熟を急いだのかも知れないよなぁ。

 

当方が折角遭遇出来たスミレホコリタケを

蹴り殺していなかったのは良かったが

死んだと早合点してしまった為に十分な観察が出来無かったよ。

うーん、これは残念だなぁ・・・・・・

 

取り敢えず、すぐ近くにスミレホコリタケが

発生するポイントがある事が判った。

次回発生した際にはちゃんと観察をしたい。

今回の発生が、このシロの断末魔で無い事を祈るのみ。

キノコヌシ様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

勿論、次は蹴り転がさない様に気を付けますので・・・・・・

 

キノコヌシ様が当方の所業に呆れ返ってしまい、

もう生やしてくれなくなって無いと良いなぁ・・・・・・

(-人-) ナム〜

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

| 腹菌類 | 00:01 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
いつもチンプンカンプンで、「気持ち悪いです」しかコメントしようがない私ですが、
今回は、すごく面白かったです。
と、単純なコメントで、お恥ずかしい。
蛹が茶色になったので、死んだのかと思っていたら冬蛹で
いつの間にか羽化して、あ〜、まったく観察してなかったとか、ため息。という経験等があります。
| ポコマム | 2016/08/31 8:55 AM |
残念というかなんと申しましょうか
最後まで捨てずにいて良かったですね
老熟すると紫色になるということは スミレという名前の由来なんですね

今度のお住まいの近くでまた見られるようで 次の出会いを楽しみにしています♪
| yuuko | 2016/08/31 9:11 AM |

>>ポコマムさん
どうしても個人的趣味に走ってしまうので
アレなキノコが多いのはご容赦下さいませ m( _ _;)m

羽化に関しては当方も子供の頃、似た様な記憶が……

スミレホコリタケ。
次回はまず蹴らない事を第一に心しようと思います!
| まねき屋 | 2016/08/31 4:23 PM |

>>yuukoさん
死んだと思っても捨てずにいたのは、
ズボラと未練の賜物でして・・・・・・(^ω^;)
正に怪我の功名ですw

次回は来年になるでしょうか。
生えて来てくれる事をただひたすら祈るのみです・・・・・・
| まねき屋 | 2016/08/31 4:27 PM |
ご無沙汰してます。

ついにご対面ですか!良かった!

岸和田では相変わらず無造作に生えております。まねき屋さんの写真と同じような環境で発生しています。

最近はあちこちで出ているのですかね?気候の変化もあるのでしょうか。

来年はたくさん発生すると良いですね!
| だんきち | 2016/09/03 5:02 PM |

>>だんきちさん
有難う御座居ますー
お陰様でやっと実物に遭遇出来ました♪

ネットで検索するに、此処数年は発生が多いみたいですね。
何かの環境の変化なのか、たまたま発生周期に当たっているのかは不明ですが
取り敢えずは当方の近所で来年も発生を期待せずには居れません・・・・・・
| まねき屋 | 2016/09/04 7:54 PM |
こんばんは。
スミレホコリタケ、はじめて聞きました。
娘もキノコを愛しているので、毒キノコや不気味な姿のキノコでも蹴飛ばされて悲しい姿になっているのを見ると憤慨しています。
キノコもがんばって仲間を増やし、そして分解中なんですよね!
私どものホームキノコエリアは今年は不作でした。
また娘とホームページを拝見させていただきます。
いろいろなキノコをご紹介ください、楽しみにしております!
| チー | 2016/09/04 11:49 PM |
 当店の近くの坪も、最初に大発生した後、年々少なくなり、今では全く生えなくなりました。
 カゴタケも次の年は卵のまま腐ってしまったし、市内での発生環境の維持は、なかなか厳しいようです。
| 古本まゆ | 2016/09/05 3:52 PM |

>>チーさん
スミレホコリタケ。
元々発生数はそれ程多く無い種類らしいですが
此処数年は結構あちこちで発生して居るみたいです。
でも、その中にはこの記事の最初の物の様に
真っ当に成長出来無いのも少なく無いかも知れませんね。
食べられるなどで利用されるならともかく
ただ蹴られたり潰されたキノコを見るのは本当に悲しいですよね・・・・・・

またよろしければ覗きにいらして下さい(^-^)
| まねき屋 | 2016/09/06 12:55 AM |

>>古本まゆさん
そちらのフィールドでもそうなのですね。
潜伏期間に入っただけなら良いのですが
もう生える事が出来無くなってしまったのだとしたら残念ですね。
当方の近所ののこの場所で来年発生してくれる事を祈らずにおれません・・・・・
| まねき屋 | 2016/09/06 12:56 AM |
久しぶりに覗かせて頂きましたが結構盛況ですね。最近私はストックフォトを始めてこのきのこもフォトライブラリ-に登録してあるのですが閲覧する人がほとんどいません。売ることが目的というより公開することが目的なので気にしていませんが、以外でした。
| gorosuke | 2016/09/06 11:13 PM |
あ、勝手に持ち出しちゃダメでしょ?
しかも、自室で(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……しちょるw

証拠写真を押収しておきました w



| きのこ堂  ちば! | 2016/09/08 9:22 AM |

>>gorosukeさん
フォトライブラリーの件、教えて頂きまして有難う御座居ました。

記事を書くにあたっては色々検索するのですが
フォトライブラリーはサイトの仕様なのか
画像検索ではhitしないみたいですね。
なのでgorosukeさんの画像に気付く事が出来ませんでした。

今後は参考にさせて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
| まねき屋 | 2016/09/08 3:25 PM |

>>ちば!さん
無駄に処分されてしまったであろう貴重なキノコを救ったのです。

愛です!自然保護です!
決して当方の自己満足ではありません!
| まねき屋 | 2016/09/08 3:40 PM |
まねき屋さん

最近一番の私の自信作は藤原ナチュラルヒストリ−振興財団の第7回フォトコンテストで公開されています。良かったらこちらもご覧ください。
| gorosuke | 2016/09/08 8:14 PM |

>>gorosukeさん
教えて頂きまして有難う御座居ました。

凄い菌輪ですね!
そんな光景が近くで観れるだなんて羨ましい限りです・・・・・・

この菌輪が今後どうなるのか、とても楽しみです♪
| まねき屋 | 2016/09/11 7:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/994012
トラックバック