CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ツバキン | main | 赤団子を求めて 番外篇その3 >>
2019名古屋アミガサタケ事情

さて今年もアミガサタケの話。

前回の記事でツバキキンカクチャワンタケの事を

「春の訪れを告げるキノコ」と書いたが

食キノコの収穫マニアに取っては

アミガサタケこそが「春を訪れを告げるキノコ」と言える。

桜が咲く頃になるとそわそわしてしまう物だ。

 

で。今年もアミガサタケは生えて来てくれていた。

いや、本当に有り難い事だ(-人-) ナム〜

 

 

こちらはシロA。

近年、発生を徐々に減らしていたのだが

今年はそれなりに出てくれていた。

amgs2019A-S (2).JPG

amgs2019A-N (6).JPG

amgs2019A-N (5).JPG

amgs2019A-N (4).JPG

amgs2019A-N (3).JPG

amgs2019A-N (2).JPG

amgs2019A-N (1).JPG

amgs2019A-S (1).JPG

今年はタイミングが良かったのかな。

有り難い有り難い。

 

 

こちらはシロB。

このシロは以前はかなり発生の多いシロだったのだが

焼却炉の撤去に伴って環境が変化した為か徐々に発生量を減らし

昨年は遂にゼロになってしまっていた。

だが、今年は少し発生してくれていた。

amgs2019B (2).JPG

amgs2019B (1).JPG

このまま回復してくれたら良いなぁ・・・・・・

 

 

こちらはシロC。

こちらもとても良く発生していたのだが

発生を見なくなってしまっていた場所。

それが5年振りに発生して居たのでびっくり!

amgs2019C (6).JPG

amgs2019C (2).JPG

amgs2019C (1).JPG

amgs2019C (5).JPG

とても立派な物だった♪

 

この場所はシロCとは言え、以前収穫していた場所からは

20m程離れた地点。

なのでシロC´と言うべきか。

 

シロCは直撃は逃れた物の、周辺が一部造成された為に

環境が変化してしまっていた。

元の場所で多数収穫して居た時には

この場所では発生して居なかったのは当時何度も確認している。

だが、造成によって恐らく土中の水分の流れが変化したのだろう。

その為、この場所がアミガサ向きの環境になったのだと思われる。

今後、この場所がどう変化するのか、注視して行きたいと思う。

 

他にもかなり奇形していた物も幾つかあった。

amgs2019C (3).JPG

amgs2019C (4).JPG

変形し過ぎて何がどうなってるのか。

これは収穫せずに来年に期待。

頑張って胞子を撒いておくれ!

 

 

 

こちらはシロD。

こちらも発生が減少していた為に暫く観察のみて

収穫は控えていた場所。

それが今年は10本程発生してくれていた。

amgs2019D (1).JPG

amgs2019D (6).JPG

amgs2019D (5).JPG

なのでこちらも5年振りに収穫。

 

著しい変形や

amgs2019D (4).JPG

 

ヘタってたり、虫害を受けた物は収穫せず。

amgs2019D (3).JPG

amgs2019D (2).JPG

これも来年に向けて胞子を撒いて貰わねば。

 

 

 

こちらはシロE。

此処はとても安定的に発生していてくれる。

amgs2019E (5).JPG

amgs2019E (4).JPG

amgs2019E (1).JPG

amgs2019E (2).JPG

いや、有り難いなぁ。

 

この場所でも曲がったのや

amgs2019E (7).JPG

 

ヘタってるのもあったが、これは収穫した。

amgs2019E (6).JPG

 

だが、鬱屈し過ぎて妙な事になってるコイツは収穫せず。

amgs2019E (3).JPG

来年に向けて胞子を撒いて貰いたいけど

こんなのばかりで生えて来たら嫌だなぁw

いや、当方の勝手な都合でしか無いのだけど。

 

 

 

こちらはシロF。

此処も段々に発生が減って来ていた場所なのだが

今年来て見てびっくり!

完全に造成されてしまっていた。

amgs2019F (3).JPG

amgs2019F (1).JPG

木は殆ど伐採され、砂交じりの土で埋め尽くされたいた。

大物個体を輩出していたシロF-aは完全に消失してしまった!

残念だなぁ・・・・・・

 

実はこの場所はスミレホコリタケの残骸が

大量にあった場所でもある(→こちら)。

スミレホコリタケの再大発生の夢も潰えてしまった。

嗚呼・・・・・・

 

一時はこの場所だけで50本近く収穫していたシロF-bも

造成の直撃は逃れた物の

そのシロの発生環境を形作っていたであろう桜の大樹の枝が

とても大胆に伐られていたので

環境もかなり変わってしまっただろうなぁ。

amgs2019F (2).JPG

その為か、今年は発生を確認出来無かった。

来年以降はどうなる事やら。

何とか踏ん張って欲しいけどなぁ。

 

 

今回登場しなかったシロG、シロH共に

様子を見に行ったのだがアミガサタケには出逢えず。

来年以降も観察は続ける予定。

 

 

 

そんなこんなの今年だったが

あちこちを駆けずり回り何とか50本程は確保成功。

amgs2019 (2).JPG

上出来上出来♪

 

その中から、網目の形状や柄の付き方等で

差異がある物を抜き出してみた。

amgs2019 (3).JPG

少なくとも5種類のアミガサタケが名古屋には混在しているのではと。

細かく調べればもっとあるのだろうけど。

 

 

こちらはシロEで収穫した物。

amgs2019 (1).JPG

このシロで採取出来る物は手頃な大きさで、網目も緻密で綺麗。

贈答品には最適♪

 

なので、それを使って今年もネグラマーロにお裾分け。

amgs2019 (4).JPG

他のお店には無い珍しい北イタリア料理が味わえるお店です。

名古屋へお越しの折には是非!

(食べログのページ→こちら

 

 

他の手頃な大きさの物は乾燥保存する事にして

残りの形の良く無い物、虫食い痕のある物等を使って料理を。

amgs2019 (5).JPG

amgs2019 (6).JPG

普段は簡単にバターで炒めてパスタにする所だが

今年は一手間掛けてみる事に。

 

大量のオリーブオイルで炒め、牛乳を加える。

amgs2019 (7).JPG

 

それをフードプロセッサーでペーストに。

amgs2019 (8).JPG

amgs2019 (9).JPG

 

それを生クリームで伸ばす。

amgs2019 (10).JPG

 

其処にパスタを投入。

amgs2019 (11).JPG

ソースが良く絡む様に、今回はフジッリで。

 

ブロッコリースプラウトをトッピングして映えさせるw

amgs2019 (12).JPG

(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー

ワインが進む♪

これぞ春の贅沢だなぁ・・・・・・

 

また来年もこんな風に楽しめたら良いなぁ。

各シロの今後に注視しなければ。

 

何よりもキノコヌシ様のご加護有らんことを。

 

(-人-) ナム〜

 



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| 子嚢菌類 | 00:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
すごく美味そうです
| よしむり | 2019/06/30 6:01 PM |

>>よしむりさん
有難う御座居ますー
当方もこの時の一度しか調理出来てませんので
今後も何とか体験してみたいです(^-^)
| まねき屋 | 2019/07/08 7:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinoko-nikki.hariko-manekiya.com/trackback/994051
トラックバック