CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2020名古屋アミガサタケ事情 | main | アミウズ その3 >>
邪魔! その2

ある日の事、

何時もの場所を探索して居た所、こんな物に遭遇。

ari-kiamiashi (1).JPG

この場所には良く発生して居るキアミアシイグチだが

ちょっと様子が普通では無い。

 

近寄ってみるとこんな状態。

ari-kiamiashi (2).JPG

ari-kiamiashi (3).JPG

アメイロオオアリと思われる小さなアリが沢山集っている。

しかも一斉に柄を齧っている様だ。

結構抉られているから、かなり齧り続けていた模様。

 

アリがキノコを食べるとは珍しいなぁ。

このキアミアシイグチの柄が

何かアリの好む物質でも分泌しているのだろうか?

 

だが、そんな話は聞いた事が無い。

しかも、キアミアシイグチは他の場所にも生えていたのだが

アリが集っているのはこのキノコだけだった。

これはどういう事なのだろう・・・・・・

 

 

同様の光景は以前にも見た事がある。

その時はヒメカタショウロ?だった。

ari-niseshouro (1).JPG

ari-niseshouro (2).JPG

ari-niseshouro (3).jpg

この時もアメイロオオアリと思われるキノコが

この一角のヒメカタショウロ?だけに集っていた。

 

ヒメカタショウロ等からアリの好む成分が分泌される、と言う話も

聞いた事が無い。

そして、近くには別のヒメカタショウロ?が発生して居たのだが

アリが集っていたのはこの場所の物だけだった。

 

暫く観察していて気が付いた。

このヒメカタショウロ?は

アリの巣の出入り口を塞いでしまっているのだ。

アリ達はヒメカタショウロ?を退かそうとして右往左往しているのだ。

その時の話は以前記事にした事がある(→「邪魔!」)。

 

 

となると、先のキアミアシイグチも

巣の出入り口を塞いだ状態で発生してしまった為に

退かそうとしてアリが必死になっているのかも知れないなぁ。

 

キノコは当然ながら、自分の好きな場所に生えて来る。

となると、アリの巣に取って

邪魔な場所に生えてしまう事もあるだろう。

ある日突然、キノコに巣の出入り口を塞がれてしまうのだ。

アリはパニックになってしまうだろうなぁ。

 

ヒメカタショウロ?の時は動かす事を断念し、

巣の出入り口を別の場所に作る事で事態を回避して居た。

だが、キアミアシイグチの時は

齧ってキノコの存在を消す事を選んだ様だ。

ari-kiamiashi (3).JPG

誰がどう考えてそれを決断したのだろうかなぁ。

偉くまた遠い道を選んだ物だ。

 

しかも、アリはこのキノコを

人間の様に俯瞰して見る事が出来ない。

現場監督の立場のアリが居ないのだから

何処を集中的に攻めれば良いかを指示出来無い。

その為、皆が思い思いの場所を齧っている。

結果として広範囲を齧る事となり

かなりの労力のロスをしてしまっている。

このアリの一齧りの大きさを考えると

気が遠くなってしまう。

 

その後の様子を見ていないので

果たして齧り尽くして退かす事に成功したのかどうかは不明。

ヒメカタショウロ?の場合の様に

巣の入り口を別の場所にした方が良かったと思うのだが

それをしなかったのは

ヒメカタショウロ?の表面はアリにとっては齧るには硬く、

キアミアシイグチの柄は幸か不幸か

齧り取れる程度には柔らかかったからかも知れないなぁ。

 

 

こちらは別の場所。

ヤマドリタケモドキの柄の上を小さなアリが沢山這い回っている。

ari-ymdrtkmdk2 (1).JPG

ari-ymdrtkmdk2 (2).JPG

 

この時は動画でも撮っていた。

このアリは大きさ的にアメイロアリと思われる。

 

これも矢張り入り口を塞がれてしまったのだろうなぁ。

パニックになって右往左往している真っ最中かと。

このアリ達はこのキノコにどう対処したのかは

その後を見ていないので不明。

このアリの大きさで、

この大きさのキノコを齧って無き物にしようとしたとしたら

それこそ気が遠くなってしまうよ。

 

 

こちらもヤマドリタケモドキの上をアリが這っている。

ari-ymdrtkmdk1 (1).JPG

ari-ymdrtkmdk1 (2).JPG

柄の上で無く、傘の上を数匹のアリが居るだけなので

これはたまたまなのかな?

管孔部分が凹んでいるのはアリに齧られたから?

食料として齧り取って巣に持ち帰ろうとしているのか?

暫く観察していたが、どうにも判断が出来無かった・・・・・・

 

 

それにしても、キノコとアリが地球に誕生して

それぞれ何千万年何億年経っているのかは良く知らないが

今迄世界中で何億回もこんな場面が繰り返されて来たのだろうなぁ。

その度にアリは余計な労力を強いられたのだろうなぁ。

 

キノコを食べる様に進化していれば問題無いと思うのだけど

そうは行かなかったのは何故なのだろうか。

「キノコを食料として栽培する」と言うハキリアリは居るが

実際に食べるのは菌床表面に形成される菌糸の緩い塊部分だけで、

キノコその物は食べない、と言う話だしなぁ。

 

アリの巣穴の通気性がキノコ発生に及ぼす影響とか、

ひょっとしたらキノコのシロの部分に巣穴が掘られた刺激によって

キノコが発生しているのでは?とか、

考えたら色々ありそうだなぁ。

アリとキノコの関係、と言うのも中々に興味深い。

 

 

アリとキノコに限らず

これからも色々な場面を目撃したい物だ。

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| 複数 | 00:05 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする