CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
僥倖

2月のある日、某所で枯葉を掻き分けていた。
と言って庭掃除等をしていた訳では無く
実はトリュフを探していたのだ。

 

トリュフは世界三大珍味の一つ。
特にヨーロッパでは人気のキノコで
日本でのマツタケ以上に換金性が高く
大きな塊が数百万、数千万円で取引された、
とのニュースが話題になる事も少なくない。

 

日本ではヨーロッパからの輸入品が流通しており
日本には産しない、と長らく考えられていたが
近年あちこちから採取報告がされている。
人によってはかなりの量を採取しており
SNSにはその画像が溢れている。


ヨーロッパ産種との関係は研究途上、との事だが
香りの点で遜色無い物も産している由。

どうやら日本のあちこちで発生している様なのだが
何せ地下で発生している種類なので見付けるのが難しい。


だが目に付いていないだけで
実は、そこら中にざらざら発生している可能性だって無いとは言えない。
名古屋にだって発生しているかもしれないのだ。
発生環境についてはSNS上で色々ヒントが出されている。
なのでそれを参考にして某所の落ち葉を掻き分けていた次第。

 

で、何か出ないかなぁ、と探していた所、
こんな物が顔を出した。

kgtk2016 (1).JPG

こ、これは!?

だが、どうもトリュフでは無い様だ。


でも、地下生菌の何かだったらちょっと嬉しいなぁ。

手に取って良く見てみる。

と、これはカゴタケでは無いか!

kgtk2016 (2).JPG

kgtk2016 (3).JPG

kgtk2016 (4).JPG
トリュフや地下生菌では無かったが
これはこれで珍しい種類なので遭遇出来て嬉しいw


だが、どうやらこれは伸長し切らず未成熟の様だ。

しかも、その状態で朽ちかけている様子。
分厚い枯葉の絨毯の下では、そうなるのも仕方無いかな。


カゴタケについてはかなり以前に記事にした事がある(→こちら)。

その時は7月23日に遭遇していた。
前回記事のカゴタケは直径4cm程の小さな個体だった。

kgtk2007 (1).JPG

kgtk2007 (2).JPG

kgtk2007 (3).JPG
手の平で転がせる、可愛いサイズだった♪


実はその後にもカゴタケに遭遇した事がある。
それがこちら。

kgtk2009 (1).JPG

kgtk2009 (3).JPG

kgtk2009 (4).JPG

kgtk2009 (5).JPG

これは直径12cm程の大きな個体だった。

林の中に転がっていた様子はギャグか何かにしか見えなかった。

カゴタケの存在を知っている当方ですら奇妙な光景なのだから

カゴタケの事を知らない人が見たら

これがキノコだと思う訳は無いと思うなぁ。

何かのゴミが捨てられてる様にしか見えないよ。

 

この個体も遭遇したのは8月3日と真夏だった。
図鑑を見ても発生は「夏〜秋」や「梅雨〜晩秋」とある。
それが、こんな2月にも発生するのだなぁ。

 

所で当方はこんな新聞の切り抜きを持っている。

kgtk-kiji.JPG

中日新聞2001年2月6日
【季節外れの”珍客”カゴタケ】

西尾市家武町の「いきものふれあいの里」雑木林に、
普通は梅雨時から晩秋にかけて出るキノコで
県内では極めて珍しい「カゴタケ」が顔を出し、
地元の研究グループ「西尾きのこ会」主宰の
中将長昭さんが写真に収めた。
   (中略)
この時期の発見は珍しく、
「昨夏は猛暑で菌類には厳しい気候だった。
夏に出るべきものが、寒波のゆるんだ先月末に
勘違いして顔を出したのでは…」と推測している。

 

記事中でも冬の発生は珍しいとある。

だからこの様に新聞記事にもなった訳だしなぁ。


だが、ひょっとしたら温暖な地域では
周年発生しているのかも知れない。

元々が発生の多く無い種類の事。
世間の認知度も低い。
なので発生して居ても見過ごされているのかもなぁ。

そもそもがとてもキノコに見えない形だしなぁ。

 

今回の場合、枯葉の下で発生していたので
余計に気付かなかったしなぁ。
こんな風に、誰にも気付かれず
それこそ陽の目を見ずに
朽ち果ててしまうキノコも多々あるのだろうなぁ。

 

ただ、カゴタケは普通のキノコと違って胞子の散布には
風の力を使わない。
果実の腐敗臭でハエ等を呼び寄せ
胞子の詰まった粘液を舐め取らせる事で
胞子を遠くに運んでもらっているのだ。
だから、こんな風に枯葉の下で押しつぶされる様に発生しても
ニオイに惹かれて昆虫がやって来ていて
それなりに胞子は散布されているのかも知れないよなぁ。

 

まぁ、たった2例だけで

「カゴタケは周年発生する」と言うのは

乱暴な話ではあるけれどね。

 


と、それはともかく。
カゴタケに遭遇出来たのは僥倖だったが
本命はあくまでもトリュフなのだ。
今の所、当方はまだ見付けられていない。

トリュフ探しはまだまだ今後も続ける予定。
何時か採取報告をこのblogでしたいものだ。

 

とは言え、こんな風な意外な遭遇も楽しい物。
今後、どんなキノコと出逢えるのか、

それも林の中で枯葉を掻き分ける楽しみの一つだ♪

 

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

 

| 腹菌類 | 00:10 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
毒あり 毒無し その3

2017年夏、名古屋東部ではまたシロテングタケが発生していた。

srtngtk180131 (1).JPG

srtngtk180131 (2).JPG

殻を破ってすくすく成長中、て感じ。

 

こちらは育ち過ぎ。

srtngtk180131 (3).JPG

srtngtk180131 (4).JPG

srtngtk180131 (5).JPG

こんな老菌の段階でも外皮幕の残骸が残るのだなぁ。

 

シロテングタケに関しては既に何回か記事にしている。

   ※シロテングタケまとめ→こちら

 

其処でも書いているが、北東北の一部では
このシロテングタケを「シラフタケ」と呼んで食用としている。
マツタケと似た香りがするので塩蔵し
正月の吸い物用として重宝しているのだと言う。

 

だが図鑑上ではシロテングタケは致死性の猛毒キノコとされている。

恐らく「シラフタケ」とシロテングタケは
外見的には区別出来無いのだが、DNA的には別種なのだろう。
シロテングタケの類似種にドクシロテングタケと言うのもあるし
その他にも未知種があるのだろう。
「シラフタケ」がその一つである可能は高い。

ただ、「シラフタケ」に関しての研究は進んでいない様だ。

まぁ、当方が知らないだけで既に研究し尽されているのかも知れないけれど。

 

さて、名古屋に発生しているこのシロテングタケ。
猛毒キノコなのか、無毒の食用キノコなのかは不明。
誰も試食していないのだから判らない。
当方も試食する予定は今の所無い。

だが当方は以前、シロテングタケを水煮の瓶詰にした。
匂いが本当にマツタケのそれに似ているのかを検証する為だ。

 

 

でも、考えたらそれだけでは不十分だよなぁ。
北東北では塩蔵しているのだ。
それを再現してこそ「シラフタケ」の扱いに言及出来るのでは無いだろうか。

と言う訳で、早速シロテングタケを採取して水煮→塩蔵してみた。
それがこれ。

srtngtk180131 (6).JPG

srtngtk180131 (7).JPG

ニオイを嗅ぐと、所謂「きのこ臭」とは違う独特の香り。

 

そして、更に「シラフタケの検証」に必要な物がある。
それはマツタケだ。
マツタケの塩蔵品と匂いを比較して初めて

北東北の人達がこれをマツタケの代用品にしている理由が

実感・実証出来ると言う物。

 

国産のシロテングタケと比較させる為には
国産のマツタケを使用するべきだろう。
だが、マツタケは周知の通り、とても高価だ。
国産の物だと1本数万円するのもザラだ。
輸入物の普及品と言えど大概数千円する。
それを塩蔵する実験の為だけに購入するのは
低所得者の当方あまりにもハードルが高い。

でもこのままでは中途半端だしなぁ。
どうした物か……

 

と思っていたら近所のスーパーでこんな物を見付けた。

mttk180131 (1).JPG

安い!あまりにも安い!w

しかも元から安いのに更に半額だしw


これだけ安いと香りが本物かどうか判らないなぁ。
匂わないクズの物、もしくは元々匂わないマツタケ類似品に
合成のマツタケ香料を振り掛けた物かも知れないのだ。
でもまぁ、それでも良しとしよう。
これを逃したら当方がマツタケを買うチャンスは
もう2度と無いかも知れないだろうからなぁ。

 

なので早速購入。

帰宅し、包みを開ける。

mttk180131 (2).JPG

うん、一応マツタケの香りはする。
人工の香りかも知れないが、当方には天然物との違いは良く判らない。
これで充分だ。

 

早速水煮を。

mttk180131 (3).JPG

その作業中、室内に漂う香りで言うと
シロテングタケもマツタケも全く同じに思えた。


で、塩蔵。

mttk180131 (4).JPG

mttk180131 (5).JPG

で、ニオイを嗅いでみる。

 

うーん、香りがしないw

煮ている際に飛んでしまった様子。

確かに作業中、香りが家中に充満していたなぁ。

矢張り合成のマツタケ香料を後から振り掛けた物だったみたいだ。

矢張り国産のマツタケを使わないとダメなのだなぁ。

買うのはとてもじゃないけど無理なので

自力で探さないとならないか・・・・・・

名古屋東部にそんな環境が中々無いのが問題だけど。

 

 

と言う訳で、「シラフタケの検証」は不十分なまま。

道はまだ遠いなぁ・・・・・・

 

 

※シロテングタケ関連の記事のアーカイブ→こちら

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

| テングタケ科 | 00:11 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
三河黒網足猪口 その3

2017年の名古屋は雨が少なかった。
たまに降ってもタイミングが合わなかったのか
キノコは例年に比べると驚くほど少なかった。

 

ここ数年追い求めているミカワクロアミアシイグチも
去年までだったら9月一杯発生を見ていたのだが
今年は8月以降、発生の確認は出来無かった。
それも雨が少なかった所為なのだろうなぁ。

そんな2017年のミカワクロアミアシイグチを以下に

ズラズラダラダラと列挙。

 

 

先に書いたが雨が少ないとは言え、8月までの発生は比較的順調だった。

mkwkramasigc2017 (22).JPG

mkwkramasigc2017 (8).JPG

 

中にはこんな大きな個体も。

mkwkramasigc2017 (40).JPG

 

場所によってはこんな風に菌輪を描く様に発生していた。

mkwkramasigc2017 (34).JPG

mkwkramasigc2017 (35).JPG

黒いマットな質感のキノコなので

引いた画像だと判り難いのが残念だ・・・・・・

 

とある一角に発生していた一群は

何故か水玉模様になっていた。

mkwkramasigc2017 (37).JPG

mkwkramasigc2017 (36).JPG

暗褐色地に黒の水玉がシックでオシャレ(・∀・)♪

 

何でこんな風になったのだろうなぁ。

他の菌やウィルスとかに感染したのだろうか。

同じフィールド内に他のミカワクロアミアシイグチもあったのだが

水玉模様だったのはこの一角のみだったしなぁ。

謎だ。

 

実はこれは「ミズタマミカワクロアミアシイグチ」とでも

名付けるべき新種だったりしてw

等と言う事は無く、まぁたまたまそうなっただけなのだろうな。

本当にそうなのかどうかも含めて

来年もこの場所の発生には注意して行きたい。

 

今の所、当方は名古屋東部では4か所で
ミカワクロアミアシイグチの発生を確認している。

名古屋東部はミカワクロアミアシイグチの
多発生地点と言って良いのだろうなぁ。

 

 

さて、2017年に確認した柄の具合は以下の通り。

 

こちらは比較的彫りは浅いが二重構造の網目が判りやすいタイプ。

mkwkramasigc2017 (42).JPG

mkwkramasigc2017 (43).JPG

この画像、右下辺りは網目の中に更に別の網目が見えると言う

二重構造が特に判りやすいかと。

 

こちらも同じく。

mkwkramasigc2017 (10).JPG

mkwkramasigc2017 (11).JPG

こちらの方が全体に二重構造が判りやすいかな。

 

 

こちらは目が粗く、彫りが深いタイプ。

mkwkramasigc2017 (38).JPG

mkwkramasigc2017 (39).JPG

やや干乾びている所為か、二重構造は判り難い。

 

 

こちらは目が細かく、彫りが深いタイプ。

mkwkramasigc2017 (30).JPG

mkwkramasigc2017 (31).JPG

目が細かいので判り難いが、二重構造になっているのは何とか判る。

 

 

こちらは目が細かく、彫りのやや浅いタイプ。

mkwkramasigc2017 (25).JPG

mkwkramasigc2017 (26).JPG

二重構造なのはちょっと判り難いか。

 

 

こちらは目が粗く、彫りのかなり浅いタイプ。

mkwkramasigc2017 (18).JPG

mkwkramasigc2017 (19).JPG

それでも何となく二重構造なのは感じられる。

 

 

こちらは縦の稜線が目立つ、目の細かいタイプ。

mkwkramasigc2017 (16).JPG

mkwkramasigc2017 (17).JPG

これも二重構造なのはちょっと判り難い。

 

こちらも同じく。

mkwkramasigc2017 (23).JPG

mkwkramasigc2017 (24).JPG

こちらの方が二重構造なのは何となく判るかな。

 

 

こちらは縦の稜線が目立つがやや目が粗く彫りの深いタイプ。

mkwkramasigc2017 (6).JPG

mkwkramasigc2017 (7).JPG

二重構造なのが判りやすい。

 

 

目が粗い/細かい、深い/浅いは当方の主観なので

厳密に捉えないで頂きたいが

何となくの傾向は読み取って頂けたのではないだろうか。

 

この様に、柄の網目の様子には色々なタイプがあるのだが

これは発生場所によって違っている訳では無かった。

色々なタイプの物が、それぞれの場所に混在していたのだ。

それが個体差の範疇の物なのか、DNA的に異なる物なのかは判らない。

取り敢えず当方はその差異を見て楽しんでいる次第。

 

 

 

所で、以前の記事で

ミカワクロアミアシイグチには2015年に初遭遇、と書いたのだが

過去のキノコ画像を整理して居たら2013年と

mkwkramasigc2013 (1).JPG

mkwkramasigc2013 (2).JPG

 

2014年にも遭遇して居た事が判った。

mkwkramasigc2014 (1).JPG

mkwkramasigc2014 (2).JPG

mkwkramasigc2013 (3).JPG

当時はミカワクロアミアシイグチの特徴を良く認識して居なかったので

「謎の黒いイグチ」として処理してしまっていたのだ。

そして、こう言うキノコに遭遇して居た事すら忘れてしまっていた。

今回の記事を書くにあたって古い画像を見直していたら

「あれ?」と気が付いた次第。

今は外見的特徴を理解出来る様になったので判明。

何事にも「予習」と「復習」は大事だなぁ。

 

 

さて、当方はミカワクロアミアシイグチに遭遇して以来

疑問に感じている事があった。

それは老熟してグズグズになった物や

mkwkramasigc2017 (9).JPG

 

役目を終えた後に

カビの生えたミカワクロアミアシイグチはあったのだが

mkwkramasigc2017 (2).JPG

mkwkramasigc2017 (1).JPG

mkwkramasigc2017 (4).JPG

mkwkramasigc2017 (3).JPG

当方が以前何回も記事にした  Sepedonium (セペドニウム)、

つまりアワタケヤドリの分生子型(→こちらこちら)に

罹患したミカワクロアミアシイグチには遭遇していない、と言う事だ。

 

Sepedonium は多くのイグチに寄生する菌で

罹患したイグチは最初は白い菌糸で覆われ

成熟すると鮮やか黄橙色に変化する為にフィールドでとても良く目立つ。

今迄、沢山のミカワクロアミアシイグチに遭遇していたのだが

 Sepedonium に罹患した物は一つも無かったのだ。

 

多くのイグチに寄生するとは言え、

イグチも種類によって耐性の差異がある様で

確かに Sepedonium に罹患し難いイグチの種類もある。

ミカワクロアミアシイグチもその一つの可能性もあるだろう。

 

そうなのかなぁ、と思いながらも

ミカワクロアミアシイグチの観察をしていた所、

2017年になってこんな物に遭遇した。

mkwkramasigc2017 (32).JPG

mkwkramasigc2017 (33).JPG

この鮮やかな黄橙色は Sepedonium では無いか!

そして灰色のモケモケはフタマタケカビと思われる。

フタマタケカビもキノコに良く生える種類のカビだ。

 

その近くにはこんな個体も。

mkwkramasigc2017 (27).JPG

mkwkramasigc2017 (29).JPG

mkwkramasigc2017 (28).JPG

こちらも Sepedonium とフタマタケカビのコンボ。

 

Sepedonium に罹患したキノコ、

フタマタケカビに罹患したキノコは何度も遭遇したが

その両方に罹患したキノコは初めての対面だった。

両種は共存できる程に相性が良いのか、

またはフタマタケカビに重複寄生性があるのか、

それともたまたまなのかは不明。

これも中々に興味深い現象だなぁ。

 

 

その後、別の場所でも

Sepedonium に罹患したミカワクロアミアシイグチに幾つも遭遇した。

mkwkramasigc2017 (21).JPG

mkwkramasigc2017 (20).JPG

mkwkramasigc2017 (15).JPG

mkwkramasigc2017 (14).JPG

mkwkramasigc2017 (13).JPG

mkwkramasigc2017 (12).JPG

mkwkramasigc2017 (5).JPG

去年までは全く遭遇しなかったのに、今年いきなりの連続遭遇。

これは一体どう言う事なのだろうか。

 

ミカワクロアミアシイグチと Sepedonium が

今迄永年に渡り攻防を繰り広げていて

今年になってやっと Sepedonium が勝利した、と言う事なのか。

いや、まさかなぁ・・・・・・

 

これもまぁ、たまたまなのだろうな。

今年の気候がミカワクロアミアシイグチを

 Sepedonium に罹患しやすくする何かがあったのだろうなぁ。

 

来年は果たしてどうなのか。

これからもミカワクロアミアシイグチの発生には注目して行きたい。

 

 

※ミカワクロアミアシイグチの記事のアーカイブス→こちら

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| イグチ科 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
薄葉

ある日のこと。
近所の住宅街の中の小さな神社を散策。
何かキノコが生えてないかなぁ。
だが土壌が整備されすぎていてキノコ的には今一つ。
住宅街だし場所的にはまぁ、こんなもんか。

帰ろうとふと脇に目をやると
丸太を積み上げた物が。
年始の篝火やお焚き上げ用の薪なのだろうなぁ。
と、それに何かキノコが生えているのが見える。
kgnusbtak (1).JPG
カワラタケかな?
いや、ちょっと違う感じだ。
でも、それ系の硬質菌だなぁ。


この手の物は種類が多いのだが外見の似た物、

同じ種類でも個体差が大きく外見だけでは判別の難しい物が多い。
これも種不明として処理せざるを得ないかなぁ。
でも一応撮影しておこうかな。

 


まずは上から撮影。

kgnusbtak (2).JPG

やっぱりカワラタケぽいけどちょっと違うなぁ。
念のために裏側も撮影しておこう。
裏側の様子が種の決め手になる事もあるしね。

で、裏側を見る。

kgnusbtak (3).JPG

kgnusbtak (10).JPG

kgnusbtak (4).JPG

と、これは!!!?

硬質菌にありがちな管孔状ではない。

板状の鍾乳石の様な物がびっしりと並んでいる。
こういう形状の物を「薄葉状」(または「ヘラ歯状」)と言う。
しかも鮮やかな黄金色。
これは恐らく「コガネウスバタケ」だろう。

コガネウスバタケは発生が多くないからなのか
発生していても目立たないからなのか
掲載されている図鑑もwebでの情報も少ない。
掲載されている図鑑でも、
あまり目立たない様な扱いをされている。
こんな綺麗な黄金色なのになぁ。

その薄葉。
本当に綺麗だよなぁ。
視点を変えると次々に違う同心円が見えてくる。

kgnusbtak (5).JPG

kgnusbtak (6).JPG

kgnusbtak (7).JPG

kgnusbtak (8).JPG

kgnusbtak (9).JPG

kgnusbtak (12).JPG

kgnusbtak (13).JPG

まるで指紋みたいだw

 

ん?同心円???

図鑑を見てもwebを見ても
コガネウスバタケの薄葉は同心円状とはなっていない。

掲載されている数少ないキノコ図鑑でも

 

 『日本のきのこ』

   ── 放射状に並ぶ薄葉状の突起

 『続原色日本新菌類図鑑』

   ── ほぼ放射状に並ぶ薄葉状の突起をそなえ、

      しばしば長い溝状〜迷路状の網目を作る

 『YAMA-KEI Field Books きのこ』

   ── 不規則でひだに近い迷路状〜網目状

 

となっている。  

 

念の為に画像検索をしてみると、

薄葉が同心円状になっている画像は無い様だ。(→こちら

となると、このキノコはコガネウスバタケとは違うのか?

薄葉が同心円状に並ぶ近縁種があるのだろうか。

それとも、個体差の範疇でたまたまこうなっしまったのだろうか。

顕微鏡を持たない当方にはこれ以上探りようが無い。

うーむ・・・・・・

 


考えたら大概のキノコは
同心円状に組織が広がって大きくなって行くのだから
ヒダに当たる薄葉の部分が
同心円状に分布・整列している方が自然な気がする。

逆に言えば多くのキノコのヒダが
放射状に並んでいることの方が不思議だ。
当方が追い続けているウズタケ等、同心円状のヒダのキノコが
発生の少ない珍菌である事が逆に不思議だ(ウズタケまとめ→こちら)。


キノコにとってヒダを同心円状で無く
放射状に配置させることの方が得な理由が何かあるのだろうなぁ。

それは恐らく、その方が省エネなのだろう。

何故そうなのかは良く判らないのだが。

 


先に書いたがこの丸太。
篝火やお焚き上げ用の薪なので

恐らく今度の正月には燃やされてしまうだろう。
この謎のコガネウスバタケ?も
恐らく燃やされてしまうのだろう。

今後、またこのキノコに遭遇出来たら

薄葉がどう並んでいるのかを確認したい。

また、これはコガネウスバタケだ!と確信出来るキノコにも遭遇したい。
更に、他の薄葉状の傘裏を持つキノコが
どの様な配列になっているのかを、ちゃんと確認したいと思う。

 

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| 多孔菌科 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツノシメジの事 その2「試食篇」

以前、ツノシメジの事を記事にした(→こちら)。

その時に

 今度遭遇出来たら食べてみたいと思わないでも無いような気が
 しないでも無い、みたいな・・・・・・

と〆た。

 

ヨーロッパでは食キノコとして扱われており

日本でも食べた事のある人がいる、と言う事で

積極的に食べたいと言う訳では無いけれど

機会があったら食べてみても良いかなぁ、程度の

軽いお茶濁し程度の気持ちで書いたのだ。

 

その後、友人が信州でツノシメジに大量に遭遇した。

当方の話から食キノコと判断し、食べてみた、との事。

因みに、友人はツノシメジには初遭遇の由。

毎年徘徊しているシマで初遭遇と言う事なのだから

矢張りツノシメジの発生は全国的に増加しているのかも知れないなぁ。

 

で、友人によると美味しいキノコの由(→こちら)。

blogには書かれていないが、煮ると良い出汁は出る物の

ツノシメジ自身はフニャフニャで出汁ガラ状態になってしまうので

炒める等、油を使った料理にした方が良い、との事だった。

 

で、大量に収獲したとの事で、一部を送ってくれた。

それがこれ。

tnsmj171031 (1).JPG

とても大きな物ばかり。

最大の物で傘径12〜3cm。

当方が飛騨で遭遇していたのは精々5〜6cmだったので

その点でまずびっくり!

さすがキノコ王国信州だなぁ。

 

で、早速調理を。

取り敢えず、一部を食べやすい大きさに切る。

tnsmj171031 (2).JPG

 

それを炒める。

tnsmj171031 (3).JPG

 

まずはパスタで食べる事に。

予想だにしなかったツノシメジの大きさに気を取られて

撮影をするのをうっかり忘れてしまったのだが

ショウゲンジも同時に送られてきていたので

そのショウゲンジとベーコン、ホウレンソウを加え、

牛乳でブルーチーズを溶かしてクリームソース風に。

インスタ映え?を意識してブロッコリースプラウトをトッピング♪

tnsmj171031 (5).JPG

ツノシメジの傘の毛羽が黒々としていてちょっとグロいw

恐る恐る食べる事に。

で、味は?

 

 

 

 

 

 

 

美味い!!

 

実に美味しい!!

 

 

 

 

 

 

味の事を文字だけで表現する事は

グルメレポーターでも無い当方にはまず不可能なのだが

シイタケやポルチーニとも違う、甘味すら感じる様な旨味がある。

確かに歯応えは弱いのだが

グニャグニャで気持ち悪いと言う程軟らかな訳でも無いので

当方はそれほど気にならなかった。

 

一緒に入れたショウゲンジもそれなりに美味しかったのだが

はっきり言って比べ物にならないくらいツノシメジの方が美味しかった。

いやー、これは意外だった。

友人から美味しいとは聞いていたが、こんなに美味しかったとは。

こんな美味しいキノコがつい最近まで知られていなかっただなんて。

 

 

翌日になっても腹具合、体調には特に変化は無かった。

少なくとも友人達と当方にとっては毒キノコでは無い様だ。

 

前夜の残りのツノシメジ、今日は別の料理で食べてみようかな。

青梗菜とニンジン、豚バラ肉で中華風の炒め物にしてみた。

tnsmj171031 (4).JPG

比較の為にシイタケも入れてみた。

さてお味は。

 

 

 

 

 

 

 

美味い!!

 

矢張り美味しい!!

 

 

 

 

 

 

中華でも合うなぁ、

ツノシメジは油系料理で食べるべし、と言って良いだろう。

一緒に調理したシイタケと食べ比べてみた。

シイタケは勿論美味しい。歯応えもある。

だが、味だけで言えば

ツノシメジの方が断然美味しい、と当方は感じた。

しっかりした歯応えを望む人には物足りないかも知れないが

ツノシメジはそれを補うほどの美味しさがあると思う。

とにかく、これだけは言える。

 

ツノシメジは美味しい!

 

 

 

 

ただ、これは当方の個人的な感想だ。

他の人が皆そう思うかどうかは判らない。

また、ツノシメジが本当に安全な食キノコかどうかもまだ判らない。

他の人には何らかの中毒症状を起こす、と言う可能性もある。

 

更に言えば、日本に発生しているツノシメジが

1種類だけかどうかも判らない。

友人が信州で採取したツノシメジが

たまたま安全だっただけなのかも知れないのだ。

当方が飛騨で遭遇したツノシメジと同一種である保証も無い。

 

実際の話、この9月に発刊されたばかりの

『青森県産きのこ図鑑』 工藤伸一著 アクセス21出版刊 によると

青森で発生しているツノシメジは色が全体に薄く

「今後同一種か詳細な検討が必要である」と記載されている。

掲載画像を見ると確かにアイボリー〜淡褐色で

当方の知るツノシメジにはとても見えない。

そして、青森ではツノシメジを食べた人はまだいない様だ。

 

この記事はあくまでも当方の体験記だ。

読者の皆様にツノシメジを食べる事をお勧めしている訳では無い。

この記事を読んだから、とツノシメジを食べた為に

何らかの健康被害が出たとしても当方には責任は取れない。

思わぬ被害を生まない為には安易に食べるべきでは無いだろう。

 

 

 

 

今後当方がツノシメジに遭遇したら

採取してモリモリ食べるけどね( ̄∀ ̄)

 

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

 

| キシメジ科 | 00:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/48PAGES | >>