CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
こんにちは菌類 その2

9月になって秋の気配を感じ始めた頃

住居のすぐ近くの公園脇を車で通り過ぎようとした時

これがいきなり目に飛び込んで来た。

ooshiro160925 (7).JPG

ooshiro160925 (1).JPG

ooshiro160925 (2).JPG

ooshiro160925 (3).JPG

そう、それはオオシロカラカサタケ。

幼菌なので開く前の傘が坊主頭みたいで可愛い揺れるハート

 

公園を取り巻く植え込みを横断する様に

一直線に点々と発生して居た。

ooshiro160925 (4).JPG

ooshiro160925 (5).JPG

ひょっとしたら大きな菌輪の一部なのかも知れないなぁ。

 

因みにオオシロカラカサタケは以前にも記事にした事がある(→こちら)。

その時にも書いたが、

オオシロカラカサタケは過去に死亡例もある毒キノコだ。

元々は熱帯〜亜熱帯を中心に分布していた南方のキノコで

台風に乗って胞子が日本に上陸し、徐々に北上しているのだとか。

日本では山や森林に発生する事はまず無い様で

この様に人間の生活圏内に発生する事が多い。

 

で、この公園脇の道路は生活道路なので

普通に車が行き交っている。

ooshiro160925 (6).JPG

 

そして公園なので、当然近所の子供達が遊んでいる。

ooshiro160925 (8).JPG

 

動画でも撮ってみたw

因みにヤマもオチもありません。

すぐそばに毒キノコがこんなに生えているのは知ってるのかなぁ。

 

 

その翌日。

昨日、幼菌状態だったキノコは完全に開いていた。

ooshiro160926 (7).JPG

ooshiro160926 (3).JPG

ooshiro160926 (4).JPG

ooshiro160926 (5).JPG

ooshiro160926 (6).JPG

 

で、やっぱりすぐそばを普通に車が通る。

ooshiro160926 (8).JPG

 

自転車も普通に通る。

ooshiro160926 (9).JPG

皆、此処に毒キノコがこんなに生えてる事なんて

知らないんだろうなぁ。

 

 

さらに翌日。

傘は完全に開き切り、老菌の域に。

ooshiro160927 (1).JPG

ooshiro160927 (2).JPG

 

ヒダは緑色に。

これがオオシロカラカサタケの大きな特徴。

ooshiro160927 (3).JPG

この画像では再現し切れていないが

実際にはもっと緑青色と言う感じだった。

今まで何度もオオシロカラカサタケは見て来たが

こんなに緑色なのは初めて見た。

あまりにも緑色過ぎて、絵の具でも塗ったみたいだった。

 

 

その2日後。

完全に萎れてしまっていた。

ooshiro160929 (1).JPG

ooshiro160929 (2).JPG

ooshiro160929 (3).JPG

ooshiro160929 (4).JPG

ooshiro160929 (5).JPG

ooshiro160929 (6).JPG

ooshiro160929 (7).JPG

自分の役割を終え、次代に命を繋いだのだなぁ。

来年もまた生えて来るか、楽しみにして置こう。

 

 

所で先にも書いたがオオシロカラカサタケは

元々は熱帯〜亜熱帯を分布域としていたキノコ、との事。

それが徐々にテリトリーを広げており、

日本全土を制覇する日も遠くないと思われる。

だが、日本での発生場所は山林では無く

都市部などの人間の生活圏内が中心だ。

熱帯〜亜熱帯では山野に発生して居た筈だろうに

これは一体どう言う事なのだろう。

 

日本の都市部と、熱帯地域の山林とで

土壌環境で何か共通点があるのか、

それとも日本の山林と都市部とで土壌環境で何か違いがあって

都市部の土壌環境の方がこのキノコに合っている、と言う事か・・・・・・

等と色々考えていたが、単純に温暖化と

ヒートアイランド現象の関係で山林部に比べて気温が高い為に

都市部はオオシロカラカサタケが発生しやすい、と言う事なんだろうなぁ。

 

当方が子供時代を過ごしていた埼玉でも

真夏に30度を超える事はそれ程多くは無かった。

30度を超えるとニュースになって居た、と記憶して居る。

だが近年は35度は当たり前、40度がニュースになるぐらいだもんなぁ。

オオシロカラカサタケに取って

それだけ暮らしやすい環境になった、と言う事なのだろう。

とすると、この先日本は

どんどんオオシロカラカサタケ向きの環境になって行く、

と言う事になるなぁ。

 

以前の記事のコメントで教えて頂いたのだが

2012年時点でオオシロカラカサタケは宮城県まで北上して居る、との事。

この先、何処まで北上して行けるのか、興味があるなぁ。

果たして津軽海峡を超えて北海道でも発生出来るのかなぁ。

ひょっとしたら日本で発生を繰り返している内に

寒さへの耐性が出来て北方系の新種が生まれるかもなぁ。

 

・・・・・・等と色々考えてしまった。

やっぱり近所にキノコが生えてくれると楽しいなぁ♪

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| ハラタケ科 | 01:13 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
こんにちは菌類 

当方が長年追い求めているキノコの一つに

「スミレホコリタケ」がある。

スミレホコリタケ関連の記事まとめ

 

前回の記事で、一大発生坪を発見したので

今後も観察を続ける、と書いた。

その後、何度も現地を訪れていたのだが

スミレホコリタケの発生を見る事は無かった。

あれだけ一度に大量発生した、と言う事は

シロとして断末魔だったからこその大発生だったのかなぁ。

そうだとしたら残念だなぁ。

まぁでも、今後も観察は続けて行く予定。

引っ越しした為に現地が遠くなってしまったのは

少し残念だけど。

 

さて、4月末に引っ越しして

やっと落ち着いて来た7月の事。

買い物に向かうべく、

公団の敷地内をバイクで走って居たら

目に留まった物があった。

sumire2016-1 (1).JPG

sumire2016-1 (2).JPG

こ、これは!?

ひょっとしてスミレホコリタケっっ???

 

今まで、紛らわしいノウタケは散々見て来た。

このキノコはその今までの物とは印象が違う!

ネットで散々見ていたスミレホコリタケにそっくりだ!

これは恐らくスミレホコリタケと考えて良いだろう!

まさかこんな所に生えているなんて!

この地に越して来て最初に遭遇した菌類が

スミレホコリタケだなんて!

これは是非経過観察をしなくてはっっ!!!

 

と意気込んでいた翌日。

その後の観察をしようとしたら

スミレホコリタケと思しきキノコは影も形も無い!

どうやら近隣住民に撤去された様子。

 

この仲間は森の奥深くよりも草地や河川敷、

畑地の周辺の様な、少し人間の手が入った、

やや開けた場所に発生する事が多い様な気がする。

つまり、人間の生活圏内に

発生する事が多い、と言う事でもある。

 

この場所は公団の敷地内だ。

其処は子供達の遊ぶ場所でもある。

当然、住民もこのキノコを目にしている。

得体の知れない、目立つキノコが突然現れたのだ。

子供達に何かあったらどうする!?と警戒されても仕方無い。

その為、さっさと撤去されてしまったのだろう。

 

当方が長年追い求めていたキノコかも知れない、

と言う事情など住民は知る筈も無い。

千載一遇のチャンスが

まさかこんな事になるなんてなぁ・・・・・・

何時の日か、また此処に発生してくれる事を期待しよう。

是非また発生して欲しいなぁ。

発生してくれるかなぁ・・・・・・

 

 

と思った一週間後。

同じ場所にまた気になる物を発見。

sumire2016-2 (1).JPG

sumire2016-2 (2).JPG

sumire2016-2 (3).JPG

これまたスミレホコリタケでは無いのかっっ!???

 

有難い事にすぐに生えて来てくれた!

sumire2016-2 (4).JPG

前回のより一回り小さいけど、それは問題じゃない!

すぐにまた生えて来てくれたのがとにかく嬉しい。

                                            

だが、また住民に撤去されてしまうかも知れない。

なので、持ち帰って追培養する事に。

スコップで地面諸共掘り取る。

sumire2016-2 (5).JPG

sumire2016-2 (6).JPG

sumire2016-2 (7).JPG

器に入れて持ち帰る。

 

と、その途上、手が滑って落としてしまった!!

しかもタイミング良く?、

落ちたスミレホコリタケ?を蹴って転がしてしまった!!

幸いキノコがちぎれる事は無かったが

かなりダメージを受けた事は一目瞭然だった。

 

何とか持ち帰って霧吹きで水分を与えたが

色合いがつい先程とは全く違ってしまっていた。

翌朝にはこんな感じに。

sumire2016-2@1after.JPG

これは折角のスミレホコリタケ?を

蹴り殺してしまったのかも知れない・・・・・・

やっと手に出来たスミレホコリタケ?に浮かれて

舞い上がってしまったつもりは無かったのだけどなぁ。

うーんショックだ・・・・・・

 

ちょうどその頃、仕事でバタバタしていたのと

折角のスミレホコリタケ?を蹴り殺してしまった、

と落ち込んでいた為に、ついそのまま放置してしまっていた。

で、3日後にはこんな状態に。

sumire2016-2@3after.JPG

あぁ、やっぱり死んでしまったのだなぁ・・・・・・

 

その後、そのまま放置する事2週間。

ふと見てみると、こんな様子に。

sumire2016-2@22after (1).JPG

sumire2016-2@22after (2).JPG

sumire2016-2@22after (3).JPG

あれ、これは老熟したスミレホコリタケでは無いか!?

 

そう言えば、今になって思い出した。

スミレホコリタケは成熟する時に

急激に色が変化し、短期間で黒くなるのだが

老熟し乾燥すると紫色になるのだった(→こちら)。

 

このスミレホコリタケは蹴り殺されてはいなかったのだ。

その後もちゃんと生きていて、胞子を成熟させていたのだ。

と言うか、当方に蹴り転がされた事により

命の危機を感じて成熟を急いだのかも知れないよなぁ。

 

当方が折角遭遇出来たスミレホコリタケを

蹴り殺していなかったのは良かったが

死んだと早合点してしまった為に十分な観察が出来無かったよ。

うーん、これは残念だなぁ・・・・・・

 

取り敢えず、すぐ近くにスミレホコリタケが

発生するポイントがある事が判った。

次回発生した際にはちゃんと観察をしたい。

今回の発生が、このシロの断末魔で無い事を祈るのみ。

キノコヌシ様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

勿論、次は蹴り転がさない様に気を付けますので・・・・・・

 

キノコヌシ様が当方の所業に呆れ返ってしまい、

もう生やしてくれなくなって無いと良いなぁ・・・・・・

(-人-) ナム〜

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

| 腹菌類 | 00:01 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
2016名古屋ヤマドリタケモドキ事情

今年も名古屋にヤマドリタケモドキの季節がやって来た。

ヤマドリタケモドキは夏〜秋に発生し

名古屋では秋にも発生する事もあるが

当方のフィールドでは6月末〜7月初旬の発生が圧倒的に多い。

以下、画像をダラダラと列挙。

 

6月下旬、何時ものフィールドを偵察。

するとアカヤマドリの幼菌を発見。

探すと其処此処に幾つも発生して居た。

akymdr2016 (1).JPG

akymdr2016 (2).JPG

akymdr2016 (3).JPG

akymdr2016 (4).JPG

この時期の形は本当に某キャラクターみたいだ。

 

試しに根元に切ってみる。

akymdr2016 (5).JPG

とても綺麗な断面。

これは珍しい。

何時もならこのフィールドのアカヤマドリは

発生と共に虫に浸食されてしまうのだ(去年の記事の下段参照)。

 

こちらのアカヤマドリはどうか。

akymdr2016 (6).JPG

akymdr2016 (7).JPG

akymdr2016 (8).JPG

akymdr2016 (9).JPG

少し浸食されてはいるが、まだ傷は浅い、て感じ。

 

こちらはどうか。

akymdr2016 (10).JPG

akymdr2016 (11).JPG

akymdr2016 (12).JPG

一件傷は浅そうだが

良く見ると傘の方まで浸食が進んでいる。

 

こちらはどうか。

akymdr2016 (13).JPG

akymdr2016 (14).JPG

akymdr2016 (15).JPG

根元を切った際に中に居たコメツキムシの幼虫を切断してしまった・・・・・・

(∩;゚皿゚)ヒイィィィッッッ!

ごめんよごめんよぉ・・・・・・

 

コメツキムシの食害部分以外は他の虫は入っていない様子。

akymdr2016 (16).JPG

コメツキムシが入った際に、

他の虫を排除する様な何かを放出しているのだろうか。

逆に、キノコバエか何かの小さなウジ虫に浸食されたキノコでは

コメツキムシの幼虫を見た事が無い。

同じ餌を奪い合うのだとしたら

お互いが排除し合う何かを放出していたとしても不思議は無いよなぁ。

まぁ、この一例だけでの推論は無謀と言う物。

因みに、そう言う研究をしている人がいるのかどうかは不明。

 

さて、こちらはどうか。

akymdr2016 (17).JPG

akymdr2016 (18).JPG

akymdr2016 (19).JPG

見た目からは判らなかったが

意外に浸食が激しかった。

例年だったらこんなヤツばかりだったのだけど

今年は発生数が多かった為か食害する虫が分散して居て

無傷や傷の浅い物が少なく無かったのかも知れない。

 

こちらはやや育ちすぎだなぁ。

akymdr2016 (21).JPG

akymdr2016 (22).JPG

akymdr2016 (23).JPG

例年なら中はグズグズで持ったら崩れるのだけど

今年は持っても大丈夫だった。

その点も何時もと違っていた。

 

先程の使えそうな物とは別に

その場で見ただけでダメだった物以外を収獲。

akymdr2016 (24).JPG

この場所でこれだけの量を収獲出来たのは初めての事。

今年はアカヤマドリの当たり年だったのかもなぁ。

 

さて、この中で持ち帰る物を選別しなくては。

まず例の育ちすぎのヤツから。

柄は完全に浸食されて使える所は無かったので廃棄。

続いて傘を二つ割にしてみる。

akymdr2016 (25).JPG

akymdr2016 (26).JPG

柄に比べたら思ったより食害が少ない。

とは言え、使える部分はあまり無いなぁ。

 

こちらはイケそうな感じ。

akymdr2016 (27).JPG

akymdr2016 (28).JPG

と思ったら中身は使える部分が無かった・・・・・・

 

さてこちらは。

akymdr2016 (29).JPG

akymdr2016 (30).JPG

これもダメだなぁ・・・・・・

 

こちらは見るからにダメそうだ。

akymdr2016 (31).JPG

akymdr2016 (32).JPG

が、中はそうでも無い。

傘の一部は使えそうだ。

 

こちらはどうか。

akymdr2016 (33).JPG

akymdr2016 (34).JPG

意外にやられていた。

これはダメだ・・・・・・

 

結局使えそうなのは半分以下。

akymdr2016 (35).JPG

それでもこの場所としては上出来。

例年なら使えるのが1本も無い、てのが普通だったからなぁ。

これで美味しいパスタが食べられる♪

 

 

帰り道、近くのもう一つのシロも探索。

するとあった。

akymdr2016 (36).JPG

akymdr2016 (37).JPG

akymdr2016 (38).JPG

akymdr2016 (39).JPG

この場所は先程のシロと距離的にもそんなに離れていないし

土質的にも変わらないと思われるのだが

何故か虫があまり付かないシロ。

だが、アカヤマドリは年に1本出るかどうか、だった場所。

其処にこんなに纏めて発生するなんてなぁ。

当然ウハウハ状態で収穫♪

矢張り今年はアカヤマドリの当たり年だった模様。

 

 

さて、ヤマドリタケモドキはどうか。

先のシロでは小さいのを数本見付けた。

ymdrtkmdk2016 (1).JPG

ymdrtkmdk2016 (2).JPG

ymdrtkmdk2016 (3).JPG

が、中身はグズグズ。

まだ発生して時間的にそう経って居ないと思われるのに

既にこんな状態だった。

アカヤマドリが多く発生して虫が分散した分、

発生の少なかったヤマドリタケモドキには

集中してしまったのだろうか。

 

比較的育っていたこちら。

当方が手にする前に転がされていた。

ymdrtkmdk2016 (10).JPG

ymdrtkmdk2016 (11).JPG

柄を切ってみるとこの状態。

最早手遅れ状態。

 

今年見付けた新たなシロ。

何本も並んでいたので菌輪の一部なのだろう。

ymdrtkmdk2016 (4).JPG

ymdrtkmdk2016 (5).JPG

ymdrtkmdk2016 (6).JPG

ymdrtkmdk2016 (7).JPG

切ってみたらこの状態。

遅かったか。

残念・・・・・・

 

そのそばには干乾びた物が。

ymdrtkmdk2016 (8).JPG

この辺りの場所で  Sepedonium に侵されずに

此処まで干乾びるのもちょっと珍しいかもなぁ。

 

この場所は幹線道路の近くでもあるので

撮影中に何台も車が行き過ぎていた。

ymdrtkmdk2016 (9).JPG

此処に美味しいキノコが生える場所があるのになぁ、と

ちょっと優越感w

 

何時もヤマドリタケモドキを多数収獲して居たシロ。

行って見ると今年も多数発生して居た。

ymdrtkmdk2016 (12).JPG

ymdrtkmdk2016 (15).JPG

ymdrtkmdk2016 (13).JPG

が、育ち過ぎていて収穫時期は逸していた。

 

中にはこんな状態の物も。

ymdrtkmdk2016 (16).JPG

ymdrtkmdk2016 (14).JPG

完全に溶けてしまっていた。

今年は全くタイミングが合わなかった様だ。

引っ越しをしてシロが遠くなってしまった為に

前みたいに頻繁に来れなくなってしまったからなぁ。

まぁ、それも仕方無い。

 

結局ヤマドリタケモドキは収穫ゼロ。

うーん、残念。

まぁ、その代わりアカヤマドリが豊漁だったから良しとしよう。

 

アカヤマドリは友人にお裾分けしたり

早速リゾットやパスタにして食べた。

残りはスライスしてオリーブオイルで炒めて冷凍保存中。

まだ暫くは楽しめる♪

 

 

さて来年はどうなるだろう。

今年見付け新たなシロで収穫が出来たら良いなぁ。

アカヤマドリも期待してしまうし。

キノコヌシ様のご加護があります様に (-人-) ナム〜

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| イグチ科 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お知らせです

7月3日19時〜の日本TV系『ザ!鉄腕!DASH!!』にて

当方のキノコ画像が放映されます。

 

恐らくDASH村に幾つかのキノコが発生したのでしょう。
それを番組で取り上げるにあたって画像が必要になり、

検索した所、当方のblogがhitした様で

番組製作スタッフから画像使用の要請がありました。

 

ヒイロタケと

hiirotake (3).JPG

oogomutake.jpg

オオゴムタケが使われる予定です。

 

どの画像がどれくらいの時間、

どの様に使用されるかは判りませんが、ご覧頂けましたら幸甚です。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

また、大阪梅田・阪神百貨店にて7月13日から開催される

『ドキドキ!きのこフェスティバル2016』に今年も参加します。

そちらへもお越し頂けましたら幸甚です。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

| その他 | 16:54 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
新たな食材? モチ病の続き

4月5月になると名古屋では今年もツツジのモチ病が発生した。

 

こちらは枝先の数枚の葉が丸ごとモチ病になっている。

tsutsujimochi2016 (1).jpg

tsutsujimochi2016 (3).JPG

 

こちらも同様。

tsutsujimochi2016 (4).JPG

こちらは粉を吹いていて正に餅状態。

 

ツツジのモチ病を見ると

当方は桜以上に春の訪れを感じるw

 

 

所で以前取り上げた『宮崎のきのこ』。

同書には椿のモチ病菌と共に

ツツジのモチ病菌が掲載されている。

miyazaki.jpg

 

そして、何とこれが食べられる物として記載されている。

宮崎の一部地域では「ガンニョ」「ガンニョム」と呼んで

子供達がおやつとして食べていた、と言うのだ。

菌類の図鑑は数多いが

ツツジのモチ病が掲載されている図鑑は多く無い。

しかも、「可食の物」として紹介されているのは

本書が唯一では無いだろうか。

 

で、記載によると「少し酸味があるが、ほのかに甘い」との事。

実は前回、ツツジのモチ病菌の事を書いた時に(→こちら

同様の内容のコメントを読者の方に寄せて頂いた。

当方は「ただ青臭くて不味い」としか感じなかったのだが

実際にはそうでは無いらしい。

これは是非確認してみなくてはなぁ。

なので今年、モチ病の発生を待って居た次第。

 

『宮崎のきのこ』によると、発生したての物が美味しい由。

早速、発生したばかりの新鮮そうな物に遭遇したので

食べてみる事にした。

tsutsujimochi2016 (5).JPG

tsutsujimochi2016 (6).JPG

tsutsujimochi2016 (8).JPG

 

一口齧ってみる。

tsutsujimochi2016 (7).JPG

成程、確かに少し酸味がある。

そしてほのかな、本当にほのかな甘みも薄っすらと感じられた。
その後に口に広がる青臭さも以前の物ほど不快では無かった。
どうやら本当に発生したての新鮮な物で無いとダメだったのだなぁ。
今迄は食べ頃を過ぎた物を食べてしまっていたのだなぁ。

 

と、こちらのモチ病。
パッと見は新鮮そう。

tsutsujimochi2016 (10).JPG

tsutsujimochi2016 (11).JPG

 

一口齧ってみる。

tsutsujimochi2016 (12).JPG

少しの酸味も、ほのかな甘みも感じられなかった。

ただの青臭さしか感じられなかった。

これは食べ頃を過ぎてしまっていた様だ。
どうやらモチ病の旬は思いの外短い様だ。

本当に発生したばかりの物で無いとダメなのだなぁ。

 

考えてみれば、昔々の子供達は

ほぼ毎日、周辺の野山を駆け回って遊んでいたのだ。

当然、環境の変化にはとても敏感だった筈だ。

モチ病の出来るツツジ等も当然把握して居た筈で

だから発生したてのモチ病にもしっかり遭遇出来たのだろう。

 

当時の子供達に取って野山はそれこそ「庭」だったのだ。
当方みたいに、たまに思い出した様に
フィールドに観察に出ているのとは全く状況が違うのだ。
そんな時代だったからこそ
モチ病菌は「子供のおやつ」たり得たのだろう。

 

前回、滝沢馬琴の『兎園小説』に触れた。
その中で、馬琴はモチ病の事を
「甚だ苦い物だ」と述べている、と言う。
と言う事は馬琴は食べ頃を過ぎたモチ病を
食べてしまったのだろうなぁ。
ひょっとしたら、モチ病の事を知らなかった馬琴は
それを食べていた子供達に悪戯されて
不味くなったモチ病を食べさせれらたのかも知れない。

 

ただまぁ、前回も書いたが
モチ病は目を見張る様な美味しい物では無い。
何時でも何処でも安価に
甘味や刺激の強いお菓子が手に入る現代に
敢えて食べる様な物でも無い。

 

そして、前回の記事を読んだ知人に教えて頂いたのだが
ツツジには元々微量ながら有毒性分が含まれているのだとか。
前回の記事の最後で「モチ病を食べ過ぎて死んだ女児」に触れたが
その女児も、「モチ病菌で死んだ」のでは無く
ツツジの有毒成分によって死亡したのかも知れない。
ただのツツジの葉だったら食べなかっただろうに
あたらモチ病になったばかりに
ほのかな甘みを求めて大量に食べてしまったのだろうなぁ。

その為に毒成分が致死量を超えてしまったか

もしくは体調を激変させるだけの量を摂取してしまったのだとしたら

あまりにも哀しい話だ。

 

取り敢えず、当方はもうモチ病菌を食べる事は無いだろう。
今後は「菌類的な春の風物詩」として愛でるだけにするよ。

その方がモチ病菌に取っても有難いだろうしね。

 

 

 


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村 花ブログ きのこへ人気blogランキングへ

 

 

 

 

| 植物寄生菌 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/43PAGES | >>